CloudWatch Logs を使用した OS メトリクスの表示 - Amazon Relational Database Service

CloudWatch Logs を使用した OS メトリクスの表示

DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターの拡張モニタリングを有効にした後、CloudWatch Logs を使用してそのメトリクスを表示できます。各ログストリームは、モニタリング中の 1 つの DB インスタンスまたは DB クラスターを表します。ログストリーム識別子は DB インスタンスまたは DB クラスターのリソース識別子 (DbiResourceId) です。

拡張モニタリングのログデータを表示するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. 必要に応じて、DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターが存在する AWS リージョン を選択します。詳細については、Amazon Web Services 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで [Logs (ログ)] を選択します。

  4. ロググループのリストから [RDSOSMetrics] を選択します。

    マルチ AZ DB インスタンス配置では、名前に -secondary が追加されたログファイルは、マルチ AZ スタンバイレプリカ用です。

    
          マルチ AZ スタンバイレプリカログファイル
  5. ログストリームのリストから、表示するログストリームを選択します。