Enhanced Monitoring の概要 - Amazon Relational Database Service

Enhanced Monitoring の概要

Amazon RDS には、DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステム (OS) のリアルタイムのメトリクスが用意されています。RDS DB インスタンスのすべてのシステムメトリクスとプロセス情報をコンソールに表示できます。各インスタンスでモニタリングするメトリクスを管理し、要件に応じてダッシュボードをカスタマイズできます。

RDS は、拡張モニタリングのメトリクスを Amazon CloudWatch Logs アカウントに配信します。CloudWatch Logs から CloudWatch のメトリクスフィルタを作成し、CloudWatch ダッシュボードにグラフを表示できます。選択したモニタリングシステムで CloudWatch Logs からの拡張モニタリング JSON 出力を使用できます。詳細については、Amazon RDS に関するよくある質問の「拡張モニタリング」を参照してください。

拡張モニタリングの可用性

拡張モニタリングは、次のデータベースエンジンに使用できます。

  • MariaDB

  • Microsoft SQL Server

  • MySQL

  • Oracle

  • PostgreSQL

拡張モニタリングは、db.m1.small インスタンスクラスを除くすべての DB インスタンスクラスで使用できます。

Enhanced Monitoring メトリクスの説明

以下の表では、Amazon CloudWatch Logs で使用できる OS メトリクスを示しています。

MariaDB、MySQL、Oracle、PostgreSQL の DB インスタンスのメトリクス

グループ メトリクス コンソール名 説明

General

engine

該当しません

DB インスタンスのデータベースエンジン。

instanceID

該当しません

DB インスタンス識別子。

instanceResourceID

該当しません

AWS リージョンに固有の DB インスタンスの不変の識別子。ログストリーム識別子としても使用されます。

numVCPUs

該当しません

DB インスタンスの仮想 CPU の数。

timestamp

該当しません

メトリクスが作成された時間。

uptime

該当しません

DB インスタンスがアクティブになってからの経過時間。

version

該当しません

OS メトリクスのストリーム JSON 形式のバージョン。

cpuUtilization

guest

CPU ゲスト

ゲストプログラムが使用中の CPU の使用率。

idle

CPU アイドル

アイドル状態の CPU の使用率。

irq

CPU IRQ

ソフトウェア割り込みが使用中の CPU の使用率。

nice

CPU Nice

最も低い優先順位で実行されているプログラムが使用中の CPU の使用率。

steal

CPU Steal

他の仮想マシンが使用中の CPU の使用率。

system

CPU システム

カーネルが使用中の CPU の使用率。

total

CPU 合計

使用中の CPU の合計使用率。この値は nice 値を含みます。

user

CPU ユーザー

ユーザープログラムが使用中の CPU の使用率。

wait

CPU 待機

I/O アクセスを待機中の CPU の未使用率。

diskIO

avgQueueLen

平均キューサイズ

I/O デバイスのキューで待機中のリクエストの数。

avgReqSz

平均リクエストサイズ

平均リクエストサイズ (キロバイト単位)。

await

ディスク I/O 待機

リクエストへの応答に必要なミリ秒数 (キュー時間とサービス時間を含む)。

device

該当しません

使用中のディスクデバイスの識別子。

readIOsPS

読み取り I/O/秒

読み取りオペレーションの 1 秒あたりの数。

readKb

読み取り合計

読み取りの合計キロバイト数。

readKbPS

読み取り KB/秒

読み取りの 1 秒あたりのキロバイト数。

readLatency

読み取りレイテンシー

読み取り I/O リクエスト送信からその完了までの経過時間(ミリ秒単位)。

このメトリクスは Amazon Aurora にのみ使用できます。

readThroughput

読み取りスループット

DB クラスターへのリクエストによって使用されるネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。

このメトリクスは Amazon Aurora にのみ使用できます。

rrqmPS

Rrqms

キューに入れられてマージされた読み取りリクエストの 1 秒あたりの数。

tps

TPS

I/O トランザクションの 1 秒あたりの数。

util

ディスク I/O 使用率

リクエスト発行中の CPU 時間の消費率。

writeIOsPS

書き込み IO/秒

書き込みオペレーションの 1 秒あたりの数。

writeKb

書き込み合計

書き込みの合計キロバイト数。

writeKbPS

書き込み KB/秒

書き込みの 1 秒あたりのキロバイト数。

writeLatency

書き込みレイテンシー

書き込み I/O リクエスト送信から完了までの平均経過時間(ミリ秒単位)。

このメトリクスは Amazon Aurora にのみ使用できます。

writeThroughput

書き込みスループット

DB クラスターからのレスポンスによって使用されるネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。

このメトリクスは Amazon Aurora にのみ使用できます。

wrqmPS

Wrqms

キューに入れられてマージされた書き込みリクエストの 1 秒あたりの数。

physicalDeviceIO

avgQueueLen

Physical Devices Avg Queue Size (物理デバイスの平均キューサイズ

I/O デバイスのキューで待機中のリクエストの数。

avgReqSz

Physical Devices Ave Request Size (物理デバイスの平均リクエストサイズ

平均リクエストサイズ (キロバイト単位)。

await

Physical Devices Disk I/O Await (物理デバイスディスク I/O 待機

リクエストへの応答に必要なミリ秒数 (キュー時間とサービス時間を含む)。

device

該当しません

使用中のディスクデバイスの識別子。

readIOsPS

Physical Devices Read IO/s (物理デバイスの読み取り I/O/秒

読み取りオペレーションの 1 秒あたりの数。

readKb

Physical Devices Read Total (物理デバイスの読み取り合計

読み取りの合計キロバイト数。

readKbPS

Physical Devices Read Kb/s (物理デバイスの読み取り KB/秒

読み取りの 1 秒あたりのキロバイト数。

rrqmPS

Physical Devices Rrqms (物理デバイス Rrqms

キューに入れられてマージされた読み取りリクエストの 1 秒あたりの数。

tps

Physical Devices TPS (物理デバイス TPS

I/O トランザクションの 1 秒あたりの数。

util

Physical Devices Disk I/O Util (物理デバイスディスク I/O ユーティリティ

リクエスト発行中の CPU 時間の消費率。

writeIOsPS

Physical Devices Write IO/s (物理デバイスの書き込み IO/秒

書き込みオペレーションの 1 秒あたりの数。

writeKb

Physical Devices Write Total (物理デバイスの書き込み合計

書き込みの合計キロバイト数。

writeKbPS

Physical Devices Write Kb/s (物理デバイス書き込み KB/秒

書き込みの 1 秒あたりのキロバイト数。

wrqmPS

Physical Devices Wrqms (物理デバイス Wrqms

キューに入れられてマージされた書き込みリクエストの 1 秒あたりの数。

fileSys

maxFiles

最大 i ノード

ファイルシステム用に作成できるファイルの最大数。

mountPoint

該当しません

ファイルシステムへのパス。

name

該当しません

ファイルシステムの名前。

total

合計ファイルシステム

ファイルシステムに使用できるディスク領域の合計量 (キロバイト単位)。

used

使用済みファイルシステム

ファイルシステム内のファイルが使用中のディスク領域の量 (キロバイト単位)。

usedFilePercent

使用済み (%)

使用中のファイルの割合。

usedFiles

使用済み i ノード

ファイルシステム内のファイルの数。

usedPercent

使用済み i ノード %

ファイルシステムが使用中のディスク領域の割合。

loadAverageMinute

fifteen

平均負荷 (15 分

過去 15 分間に CPU 時間をリクエストしたプロセスの数。

five

平均負荷 (5 分

過去 5 分間に CPU 時間をリクエストしたプロセスの数。

one

平均負荷 (1 分

過去 1 分間に CPU 時間をリクエストしたプロセスの数。

memory

active

アクティブなメモリ

割り当てられたメモリの量 (キロバイト単位)。

buffers

バッファ済みメモリ

ストレージデバイスへの書き込み前に I/O バッファリングリクエストに使用されたメモリの量 (キロバイト単位)。

cached

キャッシュ済みメモリ

ファイルシステムベースの I/O のキャッシュに使用されたメモリの量。

dirty

ダーティメモリ

変更されたがストレージ内のその関連データブロックに書き込まれなかった RAM 内のメモリページの量 (キロバイト単位)。

free

空きメモリ

未割り当てのメモリの量 (キロバイト単位)。

hugePagesFree

huge ページ (空き

空き huge ページの数。huge ページは Linux カーネルの機能です。

hugePagesRsvd

huge ページ (予約

コミットされた huge ページの数。

hugePagesSize

huge ページサイズ

各 huge ページユニットのサイズ (キロバイト単位)。

hugePagesSurp

huge ページ (余剰

使用可能な huge ページの余剰数/合計数。

hugePagesTotal

huge ページ (合計

huge ページの合計数。

inactive

非アクティブメモリ

最も使用されていないメモリページの量 (キロバイト単位)。

mapped

マップ済みメモリ

プロセスアドレス空間内でメモリマップされているファイルシステムの内容の合計量 (キロバイト単位)。

pageTables

ページテーブル

ページテーブルが使用中のメモリの量 (キロバイト単位)。

slab

スラブメモリ

再利用可能なカーネルデータ構造体の量 (キロバイト単位)。

total

合計メモリ

メモリの合計量 (キロバイト単位)。

writeback

書き戻しメモリ

バックアップストレージにまだ書き込み中の RAM 内のダーティページの量 (キロバイト単位)。

network

interface

該当しません

DB インスタンスに使用中のネットワークインターフェイスの識別子。

rx

RX

1 秒あたりの受信バイト数。

tx

TX

1 秒あたりのアップロードバイト数。

processList

cpuUsedPc

CPU %

プロセスが使用中の CPU の使用率。

id

該当しません

プロセスの識別子。

memoryUsedPc

MEM%

プロセスが使用中のメモリの使用率。

name

該当しません

プロセスの名前。

parentID

該当しません

プロセスの親プロセスの識別子。

rss

RES

プロセスに割り当てられた RAM の量 (キロバイト単位)。

tgid

該当しません

スレッドグループ識別子 (スレッドが属するプロセス ID を表す番号)。この識別子は同じプロセスのグループスレッドに使用されます。

vss

VIRT

プロセスに割り当てられた仮想メモリの量 (キロバイト単位)。

swap

swap

スワップ

使用可能なスワップメモリの量 (キロバイト単位)。

swap in

スワップイン

ディスクからスワップされたメモリの量 (キロバイト単位)。

swap out

スワップアウト

ディスクにスワップされたメモリの量 (キロバイト単位)。

free

空きスワップ

空きスワップメモリの量 (キロバイト単位)。

committed

コミット済みスワップ

キャッシュメモリとして使用されたスワップメモリの量 (キロバイト単位)。

tasks

blocked

ブロック済みタスク

ブロックされているタスクの数。

running

実行中のタスク

実行中のタスクの数。

sleeping

スリープ中のタスク

スリープ中のタスクの数。

stopped

停止済みタスク

停止中のタスクの数。

total

タスク合計

タスクの合計数。

zombie

Zombie タスク

アクティブな親タスクの非アクティブな子タスクの数。

Microsoft SQL Server DB インスタンスのメトリクス

グループ メトリクス コンソール名 説明

General

engine

該当しません

DB インスタンスのデータベースエンジン。

instanceID

該当しません

DB インスタンス識別子。

instanceResourceID

該当しません

AWS リージョンに固有の DB インスタンスの不変の識別子。ログストリーム識別子としても使用されます。

numVCPUs

該当しません

DB インスタンスの仮想 CPU の数。

timestamp

該当しません

メトリクスが作成された時間。

uptime

該当しません

DB インスタンスがアクティブになってからの経過時間。

version

該当しません

OS メトリクスのストリーム JSON 形式のバージョン。

cpuUtilization

idle

CPU アイドル

アイドル状態の CPU の使用率。

kern

CPU カーネル

カーネルが使用中の CPU の使用率。

user

CPU ユーザー

ユーザープログラムが使用中の CPU の使用率。

disks

name

該当しません

ディスクの識別子。

totalKb

合計ディスク容量

ディスクの合計容量 (キロバイト単位)。

usedKb

使用済みディスク領域

ディスクで使用されている容量 (キロバイト単位)。

usedPc

使用済みディスク領域 (%)

ディスクで使用されている容量の割合。

availKb

空きディスク領域

ディスクの空き領域 (キロバイト単位)。

availPc

空きディスク領域 (%)

ディスクで使用可能な容量の割合。

rdCountPS

読み取り/秒

読み取りオペレーションの 1 秒あたりの数。

rdBytesPS

読み取り KB/秒

読み取りの 1 秒あたりのバイト数。

wrCountPS

書き込み IO/秒

書き込みオペレーションの 1 秒あたりの数。

wrBytesPS

書き込み KB/秒

1 秒あたりに書き込まれるバイト数。

memory

commitTotKb

コミット合計

使用中のページファイルバックド仮想アドレス容量は、結果として現在のコミットチャージとなります。この値は、メインメモリ (RAM) とディスク (ページファイル) の合計になります。

commitLimitKb

最大コミット

commitTotKb メトリックの最大有効値。この値は、現在のページファイルサイズに、ページングできない領域に割り当てられた RAM を除くページング可能コンテンツに使用可能な物理メモリを加えた合計値になります。

commitPeakKb

コミットピーク

オペレーティングシステムが最後に起動された後の commitTotKb メトリックの最大値。

kernTotKb

合計カーネルメモリ

ページングされたカーネルプールとページングされないカーネルプールのメモリの合計 (キロバイト単位)。

kernPagedKb

ページングカーネルメモリ

ページングカーネルプールのメモリの量 (キロバイト単位)。

kernNonpagedKb

非ページングカーネルメモリ

非ページングカーネルプールのメモリの量 (キロバイト単位)。

pageSize

ページサイズ

ページのサイズ (バイト単位)。

physTotKb

合計メモリ

物理メモリの量 (キロバイト単位)。

physAvailKb

利用可能なメモリ

使用可能な物理メモリの量 (キロバイト単位)。

sqlServerTotKb

SQL サーバー合計メモリ

Microsoft SQL Server にコミットされたメモリの量 (キロバイト単位)。

sysCacheKb

システムキャッシュ

システムキャッシュメモリの量 (キロバイト単位)。

network

interface

該当しません

DB インスタンスに使用中のネットワークインターフェイスの識別子。

rdBytesPS

ネットワーク読み取り KB/秒

1 秒あたりの受信バイト数。

wrBytesPS

ネットワーク書き込み KB/秒

1 秒あたりの送信バイト数。

processList

cpuUsedPc

使用済み (%)

プロセスが使用中の CPU の使用率。

memUsedPc

MEM%

プロセスが使用中のメモリの合計使用率。

name

該当しません

プロセスの名前。

pid

該当しません

プロセスの識別子。この値は、Amazon RDS が所有するプロセスでは表示されません。

ppid

該当しません

このプロセスの親プロセスの識別子。この値は子プロセスについてのみ表示されます。

tid

該当しません

スレッド識別子。この値はスレッドについてのみ表示されます。所有プロセスは、pid 値を使用することにより識別できます。

workingSetKb

該当しません

プライベート作業セットのメモリ量に、プロセスで使用中で他のプロセスと共有できるのメモリ量を加えたメモリ量。

workingSetPrivKb

該当しません

プロセスで使用中で他のプロセスと共有できないメモリ量 (キロバイト単位)。

workingSetShareableKb

該当しません

プロセスで使用中で他のプロセスと共有できるメモリ量 (キロバイト単位)。

virtKb

該当しません

プロセスが使用している仮想アドレス容量 (キロバイト単位)。仮想アドレススペースの使用は、必ずしもディスクまたはメインメモリページのいずれかが対応して使用されていることを意味しません。

system

handles

ハンドル

システムが使用しているハンドル数。

processes

プロセス

システムで実行されているプロセス数。

threads

スレッド

システムで実行されているスレッド数。

CloudWatch と拡張モニタリングのメトリクスの相違点

ハイパーバイザーは、仮想マシン (VM) を作成して実行します。ハイパーバイザーを使用すると、メモリと CPU を仮想的に共有することで、1 つのインスタンスで複数のゲスト VM をサポートできます。CloudWatch は DB インスタンスのハイパーバイザーから CPU 使用率のメトリクスを収集します。対照的に、Enhanced Monitoring は DB インスタンス上のエージェントからメトリクスを収集します。

ハイパーバイザーレイヤーで少量の処理が実行されるため、CloudWatch と Enhanced Monitoring 測定値の間に違いが見つかることがあります。DB インスタンスがより小さなインスタンスクラスを使用している場合、その違いはより大きくなる可能性があります。このシナリオでは、1 つの物理インスタンス上のハイパーバイザー層によってより多くの仮想マシン (VM) が管理されている可能性があります。

Enhanced Monitoring メトリクスの保持

デフォルトでは、Enhanced Monitoring メトリクスは CloudWatch Logs で 30 日間保存されます。この保持期間は、通常の CloudWatch メトリクスとは異なります。

メトリクスが CloudWatch Logs に保存される時間の長さを変更するには、CloudWatch コンソールの RDSOSMetrics ロググループの保存期間を変更します。詳細については、Amazon CloudWatch Logs User Guideの「CloudWatch ログでのログデータ保管期間の変更」を参照してください。

拡張モニタリングのコスト

拡張モニタリングのメトリクスは、CloudWatch メトリクスではなく CloudWatch Logs に保存されます。拡張モニタリングのコストは次の要因によって異なります。

  • 拡張モニタリングの料金は、Amazon CloudWatch Logs に示された無料利用枠を超えた場合にのみ課金されます。CloudWatch Logs のデータ転送料金とストレージ料金に基づいて料金が決まります。

  • RDS インスタンスに対して転送される情報の量は、拡張モニタリング機能に対して定義された詳細度に正比例します。モニタリング間隔を短くすると、OS メトリクスのレポート回数が増え、モニタリングコストが高くなります。コストを管理するには、アカウント内のインスタンスごとに異なる詳細度を設定します。

  • 拡張モニタリングの使用コストは、拡張モニタリングが有効になっている各 DB インスタンスに適用されます。多数の DB インスタンスをモニタリングすると、少数の DB インスタンスをモニタリングするよりもコストが高くなります。

  • 複数のコンピューティング集中型のワークロードをサポートする DB インスタンスでは、レポートする OS プロセスアクティビティが増え、拡張モニタリングのコストがより高くなります。

料金の詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」を参照してください。