[トップ SQL] タブの概要 - Amazon Relational Database Service

[トップ SQL] タブの概要

デフォルトでは、[Top SQL] (上位の SQL) タブはデータベースロードに最も貢献している 25 クエリを表示します。クエリをチューニングするために、クエリテキスト、SQL 統計などの情報を分析できます。また、[トップ SQL] タブに表示する統計を選択することもできます。

SQL テキスト

デフォルトでは、[Top SQL] (上位の SQL) テーブルの各行にはステートメントごとに 500 バイトのテキストが表示されます。

SQL テキスト

デフォルトの 500 バイト以上の SQL テキストを表示する方法については、「Performance Insights ダッシュボードでより多くの SQL テキストにアクセスする」を参照してください。

SQL ダイジェストは、構造的には類似しているが、異なるリテラル値を含む可能性の高い、複数の実際のクエリの複合体です。ダイジェストは、ハードコードされた値を疑問符に置き換えます。例えば、ダイジェストはSELECT * FROM emp WHERE lname= ?のことがあります。このダイジェストには、次の子クエリが含まれます。

SELECT * FROM emp WHERE lname = 'Sanchez' SELECT * FROM emp WHERE lname = 'Olagappan' SELECT * FROM emp WHERE lname = 'Wu'

ダイジェスト内でリテラル SQL ステートメントを表示するには、クエリを選択してからプラス記号 (+) を選択します。以下の例では、選択されたクエリはダイジェストです。

選択された SQL ダイジェスト
注記

SQL ダイジェストでは、類似した SQL ステートメントがグループ化されますが、機密情報は編集されません。

Performance Insights では、Oracle SQL テキストが [Unknown] (不明) と表示される可能性があります。次のような状況では、テキストはこの状態になります。

  • SYS 以外の Oracle データベースユーザーはアクティブですが、現在 SQL を実行していません。例えば、並列クエリが完了すると、クエリコーディネータはヘルパープロセスがセッション統計を送信するのを待ちます。待機中は、クエリテキストに [Unknown] (不明) と表示されます。

  • Standard Edition 2 の RDS for Oracle インスタンスの場合、リソースマネージャは並列スレッドの数を制限します。この作業を行うバックグラウンドプロセスにより、クエリテキストに [不明] と表示されます。

SQL 統計

SQL 統計は、SQL クエリに関するパフォーマンス関連のメトリックです。例えば、Performance Insights には 1 秒あたりの実行数や 1 秒あたりの処理行数が表示されることがあります。Performance Insights は、最も一般的なクエリのみの統計を収集します。通常、これらは Performance Insights ダッシュボードに負荷別に表示される上位のクエリと一致します。

[トップ SQL] テーブル内の各行は、次の例のように、SQL ステートメントまたはダイジェストに関連する統計を示します。

上位の SQL

Performance Insights は、SQL 統計で 0.00 および - (不明) をレポートする可能性があります。この状況は、以下の条件で発生します。

  • サンプルが 1 つだけ存在する。例えば、Performance Insights は、pg_stat_statements ビューからの複数のサンプルに基づいて、RDS PostgreSQL クエリの変更率を計算します。ワークロードが短時間実行されると、Performance Insights ではサンプルが 1 つしか収集されない場合があります。つまり、変更率を計算できません。不明な値はダッシュ (-) で表されます。

  • 2 つのサンプルが同じ値を持っている。Performance Insights は、変更が発生していないため、変更率を計算することができず、変化率を 0.00 と報告します。

  • RDS PostgreSQL ステートメントに有効な識別子がない。PostgreSQL は、構文解析と分析の後にのみ、ステートメントの識別子を作成します。したがって、PostgreSQL の内部インメモリ構造に、識別子なしでステートメントが存在する可能性があります。Performance Insights は内部メモリ内構造を 1 秒に 1 回サンプリングするため、低レイテンシーのクエリは 1 つのサンプルに対してのみ表示されることがあります。このサンプルでクエリ識別子を使用できない場合、Performance Insights はこのステートメントを統計に関連付けることはできません。不明な値はダッシュ (-) で表されます。

Amazon RDS エンジンの SQL 統計の説明については、「Performance Insights の SQL 統計」を参照してください。

待機によるロード (AAS)

[トップ SQL] の [待機別の負荷 (AAS)] 列は、上位の各ロード項目に関連付けられているデータベースロードの割合を示しています。この列には、DB 負荷グラフで現在選択されているグループ化に応じて、その項目に対する負荷が反映されます。平均アクティブセッション(AAS)の詳細については、平均アクティブセッション を参照してください。

例えば、DB 負荷グラフを待機状態別にグループ化できます。上位負荷項目のテーブルで SQL クエリを調べます。この場合は、[待機別の DB 負荷] バーは、クエリが貢献している待機状態の量を示すために、サイズ、セグメント、および色で分けられています。また、選択したクエリに影響を与えている待機状態も示されます。

待機別の DB 負荷

SQL 情報

[トップ SQL] テーブルで、ステートメントを開いてその情報を表示できます。下部のペインに情報が表示されます。

リテラルクエリが選択された上位の SQL テーブル

SQL ステートメントに関連付けられているタイプの識別子 (ID) は以下のとおりです。

  • Support SQL ID - SQL ID のハッシュ値。この値は、AWS サポートを利用しているときに SQL ID を参照するためだけのものです。AWS サポートが実際の SQL ID や SQL テキストにアクセスすることはできません。

  • ダイジェスト ID のサポート - Digest ID のハッシュ値。この値は、AWS サポートを利用しているときにダイジェスト ID を参照するためだけのものです。AWSサポートが実際のダイジェスト ID や SQL テキストにアクセスすることはできません。

設定

設定」 アイコンを選択すると、[トップ SQL] タブに表示される統計を制御できます。

統計設定

[設定] アイコンを選択すると、[設定] ウィンドウが開きます。次のスクリーンショットは、[Preferences] (環境設定) ウィンドウの例です。

設定ウィンドウ

[トップ SQL] タブに表示させたい統計を有効にするには、マウスを使用してウィンドウの下部までスクロールし、[続行] を選択します。

Amazon RDS エンジンの秒単位または呼び出し単位の統計の詳細については、Performance Insights の SQL 統計 の「エンジン固有の SQL 統計」セクションを参照してください。