MySQL DB スナップショットのアップグレード - Amazon Relational Database Service

MySQL DB スナップショットのアップグレード

Amazon RDS を使用すると、MySQL DB インスタンスのストレージボリュームの DB スナップショットを作成できます。作成した DB スナップショットは Amazon RDS インスタンスが使用するエンジンバージョンに基づいています。DB インスタンスの DB エンジンバージョンをアップグレードするほかに、DB スナップショットのエンジンバージョンをアップグレードすることもできます。たとえば、MySQL 5.1 エンジンで作成した DB スナップショットを MySQL 5.5 エンジンの DB スナップショットにアップグレードすることができます。新しいエンジンバージョンにアップグレードした DB スナップショットをリストアしたら、アップグレードに問題がないかテストしてください。メジャーバージョンへのアップグレードをテストするには アップグレードをテストする を参照してください。DB スナップショットをリストアする方法については DB のスナップショットからの復元 をご覧ください。

Amazon RDS が MySQL 5.1 から MySQL 5.5 への MySQL DB スナップショットアップグレードをサポート

同じ AWS リージョン内で暗号化または暗号化していないマニュアル DB スナップショットを MySQL 5.1 から MySQL 5.5 にアップグレードすることができます。自動バックアップ処理中に作成された自動 DB スナップショットをアップグレードすることはできません。

DB スナップショットをアップグレードするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. [アクション] は、[スナップショットのアップグレード] を選択します。[スナップショットのアップグレード] ページが表示されます。

  4. アップグレードする [新しいエンジンバージョン] を選択します。

  5. [変更を保存] を選択してスナップショットをアップグレードします。

    アップグレード中は、この DB スナップショットに関するスナップショット操作が、すべて無効になります。また、DB スナップショットのステータスは利用可能からアップグレード中に変わり、プロセスが完了すると有効になります。スナップショットの破損問題で DB スナップショットをアップグレードできない場合、ステータスは使用不可になります。この状態からスナップショットを復元することはできません。

    注記

    DB スナップショットアップグレードが失敗した場合、スナップショットは元の状態にロールバックします。

DB スナップショットを新しいバージョンのデータベースエンジンにアップグレードするには、AWS CLI の modify-db-snapshot コマンドを使用します。

パラメータ

  • --db-snapshot-identifier – アップグレードする DB スナップショットの識別子です。識別子は独自の Amazon リソースネーム (ARN) にしてください。詳細については、「Amazon RDS の Amazon リソースネーム (ARN) の使用」を参照してください。

  • --engine-version – DB スナップショットをこのエンジンバージョンにアップグレードする。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds modify-db-snapshot \ --db-snapshot-identifier <mydbsnapshot> \ --engine-version <new_version>

Windows の場合:

aws rds modify-db-snapshot ^ --db-snapshot-identifier <mydbsnapshot> ^ --engine-version <new_version>

DB スナップショットを新しいバージョンのデータベースエンジンにアップグレードするには、Amazon RDS API の ModifyDBSnapshot オペレーションを呼び出します。

  • DBSnapshotIdentifier – アップグレードする DB スナップショットの識別子です。識別子は独自の Amazon リソースネーム (ARN) にしてください。詳細については、「Amazon RDS の Amazon リソースネーム (ARN) の使用」を参照してください。

  • EngineVersion – DB スナップショットをこのエンジンバージョンにアップグレードする。

https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyDBSnapshot &DBSnapshotIdentifier=mydbsnapshot &EngineVersion=newversion &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20161222/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20161222T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=8052a76dfb18469393c5f0182cdab0ebc224a9c7c5c949155376c1c250fc7ec3