メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

mysql.rds_rotate_slow_log

mysql.slow_log テーブルをバックアップテーブルとしてローテーションさせます。詳細については、「MySQL データベースログファイル」を参照してください。

構文

Copy
CALL mysql.rds_rotate_slow_log;

使用に関する注意事項

mysql.slow_log テーブルのバックアップテーブルとしてのローテーションは、mysql.rds_rotate_slow_log プロシージャを呼び出すことで実行できます。ログテーブルのローテーションが実行されると、現在のログテーブルがバックアップのログテーブルにコピーされ、現在のログテーブル内にあるエントリは削除されます。バックアップのログテーブルがすでに存在する場合は、現在のログテーブルをバックアップにコピーする前に、削除されます。

バックアップのログテーブルは、必要に応じて照会することができます。mysql.slow_log テーブルに対するバックアップのログテーブルは、mysql.slow_log_backup という名前になります。

mysql.rds_rotate_slow_log プロシージャは、以下のバージョンの Amazon RDS MySQL で利用できます。

  • MySQL 5.5

  • MySQL 5.6

  • MySQL 5.7

関連トピック