mysql.rds_skip_transaction_with_gtid - Amazon Relational Database Service

mysql.rds_skip_transaction_with_gtid

MySQL DB インスタンスで、指定されたグローバルトランザクション識別子 (GTID) のあるトランザクションのレプリケーションをスキップします。

特定の GTID トランザクションが問題の原因となることが知られている場合、障害復旧のためにこのプロシージャを使用できます。このストアドプロシージャを使用して、問題となるトランザクションをスキップします。問題のあるトランザクションの例には、レプリケーションを無効にしたり、重要なデータを削除したり、DB インスタンスを利用不可にするトランザクションが含まれます。

構文

CALL mysql.rds_skip_transaction_with_gtid ( gtid_to_skip );

パラメータ

gtid_to_skip

スキップするレプリケーショントランザクションの GTID。

使用に関する注意事項

マスターユーザーが mysql.rds_skip_transaction_with_gtid を実行する必要があります。

Amazon RDS MySQL 5.7 では、このプロシージャは MySQL 5.7.23 以降の MySQL 5.7 バージョンでサポートされています。Amazon RDS MySQL 5.5、5.6、または 8.0 では、このプロシージャはサポートされません。

次の例では、GTID 3E11FA47-71CA-11E1-9E33-C80AA9429562:23 を使用したトランザクションのレプリケーションをスキップします。

call mysql.rds_skip_transaction_with_gtid('3E11FA47-71CA-11E1-9E33-C80AA9429562:23');