メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

AWS アカウントまたは IAM ユーザーの認証情報を使用したリクエストの実行 – AWS SDK for PHP

このセクションでは、バージョン 3 の AWS SDK for PHP のクラスで AWS アカウントまたは IAM ユーザー認証情報を使用して、認証済みのリクエストを送信する方法について説明します。この例では、「AWS SDK for PHP の使用と PHP サンプルの実行」の手順に従い、AWS SDK for PHP を適切にインストール済みであるものとします。

次の PHP の例では、クライアントでセキュリティ認証情報を使用して、アカウントのバケットを一覧表示するリクエストを実行する方法を示します。

<?php require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Sts\StsClient; use Aws\S3\S3Client; use Aws\S3\Exception\S3Exception; $bucket = '*** Your Bucket Name ***'; $s3 = new S3Client([ 'region' => 'us-east-1', 'version' => 'latest', ]); // Retrieve the list of buckets. $result = $s3->listBuckets(); try { // Retrieve a paginator for listing objects. $objects = $s3->getPaginator('ListObjects', [ 'Bucket' => $bucket ]); echo "Keys retrieved!" . PHP_EOL; // Print the list of objects to the page. foreach ($objects as $object) { echo $object['Key'] . PHP_EOL; } } catch (S3Exception $e) { echo $e->getMessage() . PHP_EOL; }

注記

S3Client クライアントは、セキュリティ認証情報を指定せずに作成できます。このクライアントを使用して送信されるリクエストは、署名なしの匿名リクエストです。公開されていないリソースに対して匿名リクエストを送信すると、Amazon S3 はエラーを返します。

実例については、「オブジェクトに対するオペレーション」を参照してください。これらの例をテストするには、AWS アカウントまたは IAM ユーザーの認証情報を使用します。

バケット内のオブジェクトキーをリストする例については、「AWS SDK for PHP を使用したキーのリスト作成」を参照してください。

このページの内容: