Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

Amazon S3 でのデータの保護

Amazon S3 は、ミッションクリティカルで重要なデータストレージのために設計された、極めて堅牢なストレージインフラストラクチャです。オブジェクトは冗長化のため、同一の Amazon S3 リージョン内の複数施設に分散した複数のデバイスに保存されます。データの耐久性を高めるため、Amazon S3 の PUT オペレーションおよび PUT Object copy オペレーションは、複数の施設にまたがってデータを同期的に保存した後、SUCCESS を返します。いったんオブジェクトが保存されると、Amazon S3 は、冗長性の喪失をすばやく検出して修復することによって、オブジェクトの堅牢性を維持します。

また Amazon S3 は、チェックサムを用いて、保存されているデータの完全性を定期的に検証しています。Amazon S3 でデータの破損が検出されると、冗長データを使用して修復します。さらに Amazon S3 は、ネットワークの全トラフィックに対してチェックサムを計算し、データの保存または取得時のデータパケットの損傷を検出しています。

Amazon S3 の標準ストレージは以下のようになっています。

  • Amazon S3 サービスレベル利用規約」で保証されています

  • 1 年間に 99.999999999% の堅牢性と、99.99% の可用性を提供するよう設計されています。

  • 2 拠点で同時にデータ喪失を起こしても、お客様のデータが維持されるよう設計されています。

Amazon S3 は、バージョニングを使用してデータ保護を強化しています。バージョニングを使用して、Amazon S3 バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。バージョニングを使用すれば、意図せぬユーザーアクションからもアプリケーション障害方からも、簡単に回復することができます。デフォルトでは、リクエストは最も新しく書き込まれたバージョンを取得します。リクエストでオブジェクトのバージョンを指定することにより、古いバージョンのオブジェクトを取得できます。