メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

オブジェクトの削除

1 つ以上のオブジェクトを Amazon S3 から直接削除できます。オブジェクトを削除するときは、以下のオプションを利用できます。

  • 単一のオブジェクトの削除 – Amazon S3 には DELETE API があり、これを使用すると、単一の HTTP リクエストで 1 つのオブジェクトを削除できます。

  • 複数のオブジェクトの削除 – Amazon S3 には Multi-Object Delete API もあり、これを使用すると、単一の HTTP リクエストで最大 1,000 個のオブジェクトを削除できます。

バージョニング非対応のバケットからオブジェクトを削除する場合は、オブジェクトのキー名のみを指定します。これに対し、バージョニング対応のバケットからオブジェクトを削除する場合は、オプションでオブジェクトのバージョン ID を指定すると、特定のバージョンのオブジェクトを削除できます。

バージョニング対応バケットからのオブジェクトの削除

バージョニング対応のバケットの場合、複数のバージョンのオブジェクトがバケット内に存在する可能性があります。バージョニング対応のバケットを操作する場合は、delete API で以下のオプションが可能です。

  • バージョンを指定しない削除リクエストの指定 — つまり、オブジェクトのキーのみを指定し、バージョン ID は指定しません。この場合、Amazon S3 は削除マーカーを作成し、レスポンスでバージョン ID を返します。オブジェクトはバケットから消去されます。オブジェクトのバージョニングと削除マーカーの概念については、オブジェクトのバージョニングを参照してください。

  • バージョンを指定した削除リクエストの指定 — つまり、キーとバージョン ID の両方を指定します。この場合、以下の 2 通りの結果があり得ます。

    • バージョン ID が特定のオブジェクトバージョンに対応する場合、Amazon S3 はその特定のバージョンのオブジェクトを削除します。

    • バージョン ID がそのオブジェクトの削除マーカーに対応する場合、Amazon S3 は削除マーカーを削除します。オブジェクトはバケットに再び表示されます。

MFA 対応バケットからのオブジェクトの削除

Multi Factor Authentication(MFA)対応のバケットからオブジェクトを削除する場合は、以下の点に注意してください。

  • 無効な MFA トークンを指定した場合、リクエストは常に失敗します。

  • MFA 対応バケットを使用していて、バージョンを指定した削除リクエストを行う(オブジェクトのキーとバージョン ID を指定する)場合、有効な MFA トークンを指定しないとリクエストは失敗します。さらに、MFA 対応バケットに対して Multi-Object Delete API を使用するときに、いずれかの削除がバージョンを指定した削除リクエストである場合(つまり、オブジェクトのキーとバージョン ID を指定した場合)、MFA トークンを指定しないとリクエスト全体が失敗します。

一方、以下の場合、リクエストは成功します。

  • MFA 対応バケットを使用していて、バージョンを指定しない削除リクエストを行う(バージョンを指定せずにオブジェクトを削除する)場合、 MFA トークンを指定しなくても削除は成功します。

  • 複数オブジェクトの Delete リクエストで、MFA 対応バケットからバージョンを指定せずにオブジェクトを削除するように指定した場合、 MFA トークンを指定しなくても削除は成功します。

MFA の削除については、MFA Deleteを参照してください。

関連リソース