メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

詳細情報

多くのエラーレスポンスには、プログラミングエラーを診断する開発者が読んで理解できるように追加の構造化データが含まれています。例えば、REST PUT リクエストと共に Content-MD5 ヘッダーを送信し、これがサーバーで計算されたダイジェストと一致しない場合、BadDigest エラーが発生します。エラーレスポンスには、計算されたダイジェスト、指定されたダイジェストなど、詳細要素も含まれます。開発中にこの情報を使用してエラーを診断できます。実稼働では、正常に動作するプログラムによりこの情報がエラーログに記録されることがあります。