メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

マルチパートアップロードの中止

TransferManager クラスは、進行中のマルチパートアップロードを中止するメソッド abortMultipartUploads を提供します。いったんアップロードを開始すると、そのアップロードを完了または中止するまで進行中と見なされます。Date 値を指定すると、この API はそのバケットで、指定した Date の前に開始された進行中のすべてのマルチパートアップロードを中止します。

アップロードされたパートと関連するすべてのストレージに対して課金される(「マルチパートアップロードと料金」を参照)ため、マルチパートアップロードを完了してオブジェクトの作成を完了するか、またはマルチパートアップロードを中止してアップロードされたすべてのパートを削除することが重要です。

以下のタスクは、高レベル Java クラスを使用してマルチパートアップロードを中止する方法を示しています。

高レベル API のマルチパートアップロード中止プロセス

1

TransferManager クラスのインスタンスを作成します。

2

バケット名および Date 値を渡して、TransferManager.abortMultipartUploads メソッドを実行します。

以下の Java コード例は、前述のタスクの例です。

次の Java コードでは、1 週間以上前に特定のバケットで開始された進行中のすべてのマルチパートアップロードを中止します。作業サンプルを作成およびテストする方法については、「Java コード例のテスト」を参照してください。

Copy
import java.util.Date; import com.amazonaws.AmazonClientException; import com.amazonaws.auth.profile.ProfileCredentialsProvider; import com.amazonaws.services.s3.transfer.TransferManager; public class AbortMPUUsingHighLevelAPI { public static void main(String[] args) throws Exception { String existingBucketName = "*** Provide existing bucket name ***"; TransferManager tm = new TransferManager(new ProfileCredentialsProvider()); int sevenDays = 1000 * 60 * 60 * 24 * 7; Date oneWeekAgo = new Date(System.currentTimeMillis() - sevenDays); try { tm.abortMultipartUploads(existingBucketName, oneWeekAgo); } catch (AmazonClientException amazonClientException) { System.out.println("Unable to upload file, upload was aborted."); amazonClientException.printStackTrace(); } } }

注記

特定のマルチパートアップロードを中止することもできます。詳細については、「マルチパートアップロードの中止」を参照してください。