メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

requestPayment バケットの設定

バケット所有者のみが、バケットの RequestPaymentConfiguration.payer 設定値を BucketOwner(デフォルト)または Requester に設定できます。requestPayment リソースの設定はオプションです。デフォルトでは、バケットはリクエスタ支払いバケットではありません。

リクエスタ支払いバケットを通常のバケットに戻すには、値 BucketOwner を使用します。通常、Amazon S3 バケットにデータをアップロードする際に BucketOwner を使用し、その後、バケット内のオブジェクトを公開する前に値を Requester に設定します。

requestPayment を設定するには

  • PUT リクエストを使用して、指定したバケットの Payer の値を Requester に設定します。

    Copy
    PUT ?requestPayment HTTP/1.1 Host: [BucketName].s3.amazonaws.com Content-Length: 173 Date: Wed, 01 Mar 2009 12:00:00 GMT Authorization: AWS [Signature] <RequestPaymentConfiguration xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/"> <Payer>Requester</Payer> </RequestPaymentConfiguration>

リクエストが成功すると、Amazon S3 は、以下のようなレスポンスを返します。

Copy
HTTP/1.1 200 OK x-amz-id-2: [id] x-amz-request-id: [request_id] Date: Wed, 01 Mar 2009 12:00:00 GMT Content-Length: 0 Connection: close Server: AmazonS3 x-amz-request-charged:requester

リクエスタ支払いはバケットレベルでのみ設定できます。バケット内の特定のオブジェクトに設定することはできません。

バケットは、いつでも自由に BucketOwner または Requester に設定できます。ただし、設定が有効になるまでには数分間かかることがありますので注意してください。

注記

署名付き URL を提供するバケット所有者は、特に URL の有効期限がとても長い場合は、バケットをリクエスタ支払いに設定する前によく検討してください。バケット所有者は、バケット所有者の認証情報を使用する署名付き URL をリクエスタが使用するたびに課金されます。