メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

SOAP のアクセスポリシーの設定

注記

SOAP のサポートは HTTP 経由では廃止されましたが、HTTPS 経由では引き続き利用可能です。SOAP 用に Amazon S3 の新機能をサポートする予定はありません。REST API か AWS SDK を使用することをお勧めします。

アクセスコントロールは、バケットまたはオブジェクトの記述時に、「AccessControlList」要素と一緒に CreateBucketPutObjectInline、または PutObject へのリクエストを含めることによって設定できます。AccessControlList 要素についてはAmazon S3 リソースへのアクセス許可の管理 で説明しています。これらのオペレーションでアクセスコントロールリストが指定されていない場合、リクエスタに FULL_CONTROL アクセスを付与するデフォルトのアクセスポリシーでリソースを生成します(これは該当のリクエストが、既に存在するオブジェクトへの PutObjectInline または PutObject リクエストである場合にも当てはまります)。

以下に示すリクエストは、オブジェクトにデーターを書き込み、匿名のプリンシパルによるオブジェクトの読み取りを可能にし、特定のユーザーにバケットへの FULL_CONTROL の権限を付与します(ほとんどの開発者は、自分で自分のバケットに FULL_CONTROL アクセスを付与したいと考えるでしょう)。

以下に示すリクエストは、オブジェクトにデータを書き込み、匿名のプリンシパルによるオブジェクトの読み取りを可能にします。

Sample Request

Copy
<PutObjectInline xmlns="http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01"> <Bucket>quotes</Bucket> <Key>Nelson</Key> <Metadata> <Name>Content-Type</Name> <Value>text/plain</Value> </Metadata> <Data>aGEtaGE=</Data> <ContentLength>5</ContentLength> <AccessControlList> <Grant> <Grantee xsi:type="CanonicalUser"> <ID>75cc57f09aa0c8caeab4f8c24e99d10f8e7faeebf76c078efc7c6caea54ba06a</ID> <DisplayName>chriscustomer</DisplayName> </Grantee> <Permission>FULL_CONTROL</Permission> </Grant> <Grant> <Grantee xsi:type="Group"> <URI>http://acs.amazonaws.com/groups/global/AllUsers<URI> </Grantee> <Permission>READ</Permission> </Grant> </AccessControlList> <AWSAccessKeyId>AKIAIOSFODNN7EXAMPLE</AWSAccessKeyId> <Timestamp>2009-03-01T12:00:00.183Z</Timestamp> <Signature>Iuyz3d3P0aTou39dzbqaEXAMPLE=</Signature> </PutObjectInline>

Sample Response

Copy
<PutObjectInlineResponse xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01"> <PutObjectInlineResponse> <ETag>&quot828ef3fdfa96f00ad9f27c383fc9ac7f&quot</ETag> <LastModified>2009-01-01T12:00:00.000Z</LastModified> </PutObjectInlineResponse> </PutObjectInlineResponse>

既存のバケットまたはオブジェクトのアクセスコントロールポリシーは、GetBucketAccessControlPolicyGetObjectAccessControlPolicySetBucketAccessControlPolicySetObjectAccessControlPolicy メソッドを使ってを読み込みまたは設定できます。詳細については、これらのメソッドの詳しい説明を参照してください。