メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

オブジェクトのアップロード

Amazon S3 には、アップロードするデータのサイズに応じた以下のオプションが用意されています。

  • 1 回のオペレーションでオブジェクトをアップロードする – 1 回の PUT オペレーションでアップロードできるオブジェクトの最大サイズは 5 GB です。

    詳細については、「1 回のオペレーションでのオブジェクトのアップロード」を参照してください。

  • オブジェクトをいくつかに分けてアップロードする – マルチパートアップロード API を使用すると、最大 5 TB の大容量オブジェクトをアップロードできます。

    マルチパートアップロード API は大容量オブジェクトのアップロードを効率よく行えるように設計されています。オブジェクトをいくつかに分けてアップロードできます。オブジェクトのパートは、単独で、任意の順序で、または並行してアップロードできます。マルチパートアップロードは 5 MB~5 TB のオブジェクトで使用できます。詳細については、「Multipart Upload API を使用したオブジェクトのアップロード」を参照してください。

次の方法でマルチパートアップロードを使用することをお勧めします。

  • 安定した高帯域幅ネットワーク経由で大きなオブジェクトをアップロードする場合は、複数スレッドのパフォーマンスのために並行してオブジェクトパートをアップロードすることにより、マルチパートアップロードを使用して使用可能な帯域幅の使用を最大化します。

  • むらがあるネットワークでアップロードを実行する場合は、マルチパートアップロードを使用して、アップロードの再開を回避することで、ネットワークエラーに対する弾力性を高めます。マルチパートアップロードを使用する場合、アップロード中に中断されたパートのアップロードを再試行するだけで済みます。最初からオブジェクトのアップロードを再開する必要はありません。

マルチパートアップロードの詳細については、「マルチパートアップロードの概要」を参照してください。

オブジェクトをアップロードするときには、オプションで、データセンター内のディスクに保存する前にオブジェクトを暗号化し、オブジェクトをダウンロードするときに復号することを Amazon S3 にリクエストできます。詳細については、「暗号化を使用したデータの保護」を参照してください。

関連トピック

AWS SDK、CLI、Explorer の使用