メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

MFA Delete の使用

バケットのバージョニング設定で MFA Delete が有効になっている場合に、オブジェクトバージョンを完全に削除したり、バケットのバージョニング状態を変更したりするには、バケット所有者はリクエストに x-amz-mfa リクエストヘッダーを含める必要があります。x-amz-mfa を含むリクエストでは、HTTPS を使用する必要があります。ヘッダーの値は、認証デバイスのシリアル番号、スペース、および認証デバイスに表示される認証コードの連結文字です。このリクエストヘッダーを含めない場合、リクエストは失敗します。

認証デバイスの詳細については、http://aws.amazon.com/mfa/ を参照してください。

例 MFA Delete が有効なバケットからのオブジェクトの削除

次の例は、MFA Delete が有効に設定されたバケット内の my-image.jpg を(バージョンを指定して)削除する方法を示しています。[SerialNumber][AuthenticationCode] の間にスペースがあることに注意してください。詳細については、「DELETE Object」を参照してください。

Copy
DELETE /my-image.jpg?versionId=3HL4kqCxf3vjVBH40Nrjfkd HTTPS/1.1 Host: bucketName.s3.amazonaws.com x-amz-mfa: 20899872 301749 Date: Wed, 28 Oct 2009 22:32:00 GMT Authorization: AWS AKIAIOSFODNN7EXAMPLE:0RQf4/cRonhpaBX5sCYVf1bNRuU=

MFA Delete の有効化の詳細については、「MFA Delete」を参照してください。