メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

ウェブサイトエンドポイント

バケットをウェブサイトホスティング用に設定すると、ウェブサイトはリージョン固有のウェブサイトエンドポイントを介してアクセスできるようになります。ウェブサイトエンドポイントは、REST API リクエストを送信するエンドポイントとは別のものです。エンドポイントの違いの詳細については、「Amazon ウェブサイトと REST API エンドポイントの主な違い」を参照してください。

Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントの一般的な 2 つの形式は次のとおりです。

Copy
bucket-name.s3-website-region.amazonaws.com
Copy
bucket-name.s3-website.region.amazonaws.com

エンドポイントに使用されるフォームは、バケットがあるリージョンによって異なります。たとえば、example-bucket という名前のバケットが 米国東部(バージニア北部) リージョンに存在する場合、ウェブサイトには次の Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントでアクセスできます。

Copy
http://example-bucket.s3-website-us-east-1.amazonaws.com/

また、example-bucket という名前のバケットが 欧州 (フランクフルト) リージョンに存在する場合、ウェブサイトには次の Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントでアクセスできます。

Copy
http://example-bucket.s3-website.eu-central-1.amazonaws.com/

リージョン別の Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントのリストについては、AWS 全般のリファレンスの「Amazon Simple Storage Service のウェブサイトエンドポイント」を参照してください。

ウェブサイトエンドポイントにあるコンテンツにアクセスできるようにするには、すべてのコンテンツがパブリックに読み取り可能となっている必要があります。このようにするには、バケットポリシーを使用するか、オブジェクトに対する ACL を使用して、必要なアクセス許可を付与します。

注記

「リクエスタ支払い」バケットや DevPay バケットに、ウェブサイトエンドポイントを介してアクセスすることはできません。このようなバケットに対してリクエストを行うと、レスポンスは 403 Access Denied となります。詳細については、「リクエスタ支払いバケット」を参照してください。

登録済みのドメインがある場合は、Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントを指し示す DNS CNAME エントリを追加できます。例えば、ドメイン www.example-bucket.com が登録済みの場合は、バケット www.example-bucket.com を作成し、www.example-bucket.com.s3-website-<region>.amazonaws.com を指し示す DNS CNAME エントリを追加できます。http://www.example-bucket.com へのリクエストはすべて、www.example-bucket.com.s3-website-<region>.amazonaws.com にルーティングされます。詳細については、「バケットの仮想ホスティング」を参照してください。

Amazon ウェブサイトと REST API エンドポイントの主な違い

ウェブサイトエンドポイントは、ウェブブラウザを介してアクセスするように最適化されています。次の表は、Amazon REST API エンドポイントとウェブサイトエンドポイントの主な違いについてまとめたものです。

主な違い REST API エンドポイント ウェブサイトエンドポイント
アクセスコントロール

パブリックコンテンツとプライベートコンテンツの両方をサポートします。

公開で読み取り可能なコンテンツのみをサポートします。
エラーメッセージの処理

XML 形式のエラーレスポンスを返します。

HTML ドキュメントを返します。
リダイレクトのサポート

該当しません

オブジェクトレベルとバケットレベルの両方のリダイレクトをサポートします。
サポートされるリクエスト

バケットおよびオブジェクトのすべてのオペレーションをサポートします。

オブジェクトに対しては GET リクエストと HEAD リクエストのみサポートします。
バケットのルートでの GET リクエストと HEAD リクエストにレスポンスします。 バケット内のオブジェクトキーのリストを返します。 ウェブサイト設定の中で指定されているインデックスドキュメントを返します。
Secure Sockets Layer(SSL)のサポート SSL 接続をサポートします。 SSL 接続をサポートしません。

Amazon S3 エンドポイントのリストについては、「エンドポイントのリクエスト」を参照してください。