メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

クロスリージョンレプリケーションと他のバケット設定

レプリケーション設定に加えて、Amazon S3 では、次のような他のバケット設定オプションもサポートされています。

このセクションでは、バケットのレプリケーション設定が他のバケット設定の動作に及ぼす影響について説明します。

ライフサイクル設定とオブジェクトのレプリカ

Amazon S3 がオブジェクトをレプリケートするのにかかる時間は、オブジェクトのサイズによって異なります。 大きなオブジェクトの場合、数時間かかることもあります。レプリケート先バケットでレプリカが使用可能になるまでにしばらく時間がかかることもありますが、レプリカの作成時間はレプリケート元バケットの該当するオブジェクトの作成時間と同じままです。したがって、レプリケート先バケットにライフサイクルポリシーがある場合、ライフサイクルルールでは、レプリケート先バケットでレプリカが使用可能になった時間ではなく、オブジェクトの元の作成時間が優先されることに注意してください。

バージョニング設定とレプリケーション設定

レプリケート元バケットとレプリケート先バケットはどちらも、バケットにレプリケーションを設定するときに、バージョニングが有効になっている必要があります。レプリケート元バケットとレプリケート先バケットの両方でバージョニングを有効にして、レプリケート元バケットでレプリケーションを設定した後は、以下の点に注意してください。

  • レプリケート元バケットのバージョニングを無効にしようとすると、Amazon S3 はエラーを返します。 レプリケート元バケットのバージョニングを無効にする前に、レプリケーション設定を削除する必要があります。

  • レプリケート先バケットのバージョニングを無効にすると、Amazon S3 はレプリケーションを停止します。

ログ作成設定とレプリケーション設定

任意のバケットでログ作成を有効にしていて、レプリケーションも有効になっているレプリケート元バケットに Amazon S3 がログを送信している場合、Amazon S3 はログオブジェクトをレプリケートします。

クロスリージョンレプリケーション