メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

Amazon S3 におけるクロスリージョンレプリケーションのトラブルシューティング

クロスリージョンレプリケーションを設定した後、レプリケート先バケットにオブジェクトのレプリカが作成されない場合は、次のトラブルシューティング対策を試します。

  • Amazon S3 がオブジェクトをレプリケートするのにかかる時間は、オブジェクトのサイズによって異なります。大きなオブジェクトの場合は、最大で数時間かかることもあります。問題のオブジェクトが大きい場合は、レプリケートされたオブジェクトがレプリケート先バケットに表示されているか後でもう一度確認します。

  • レプリケート元バケットのレプリケーション設定について、以下を確認します。

    • レプリケート先バケットの ARN が正しいことを確認します。

    • キー名のプレフィックスが正しいことを確認します。 たとえば、Tax というプレフィックスが付いたオブジェクトをレプリケートする設定にした場合、Tax/document1Tax/document2 のようなキー名のオブジェクトのみがレプリケートされます。 キー名が document3 のオブジェクトはレプリケートされません。

    • ステータスが enabled になっていることを確認します。

  • レプリケート先バケットが他の AWS アカウントによって所有されている場合、バケット所有者が、レプリケート元バケットの所有者に対してオブジェクトのレプリケーションを許可するバケットポリシーをレプリケート先バケットに設定していることを確認します。

  • オブジェクトのレプリカがレプリケート先バケットに表示されない場合は、以下の点に注意してください。

    • レプリケート元バケットのオブジェクト自体が別のレプリケーション設定によって作成されたレプリカである場合、Amazon S3 はそのレプリカをレプリケートしません。 たとえば、バケット A からバケット B へ、バケット B からバケット C へのレプリケーションを設定した場合、Amazon S3 はバケット B にあるオブジェクトのレプリカをレプリケートしません。

    • バケット所有者は、オブジェクトをアップロードするためのアクセス許可を他の AWS アカウントに付与できます。デフォルトでは、バケット所有者は、他のアカウントによって作成されたオブジェクトに対するアクセス権限を持ちません。そして、レプリケーション設定では、バケット所有者がアクセス権限を持つオブジェクトのみがレプリケートされます。バケット所有者は、作成されたオブジェクトに対する明示的なアクセス権限をバケット所有者に与えることを条件として、オブジェクトを作成する権限を他の AWS アカウントに与えることができます。ポリシーの例については、「バケット所有者はフルコントロール権限を持ちながら、オブジェクトをアップロードするクロスアカウントアクセス許可を付与する」を参照してください。

クロスリージョンレプリケーション

このページの内容: