メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

チュートリアル 1: レプリケート元とレプリケート先のバケットが同一の AWS アカウントによって所有されているクロスリージョンレプリケーションの設定

このセクションでは、異なる AWS リージョンに 2 つのバケット(source と destination)を作成し、両方のバケットでバージョニングを有効にして、source バケットにクロスリージョンレプリケーションを設定します。

  1. Create two buckets.

    1. Create a source bucket in an AWS region. For example, 米国西部 (オレゴン) (us-west-2). For instructions, see How Do I Create an S3 Bucket? in the Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド.

    2. Create a destination bucket in another AWS region. For example, US East (N. Virginia) region (us-east-1).

  2. Enable versioning on both buckets. For instructions, see How Do I Enable or Suspend Versioning for an S3 Bucket? in the Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド.

    重要

    バージョンを指定しないバケットにオブジェクトの有効期限ライフサイクルポリシーがあり、バージョニングを有効にしたときに同じ完全な削除動作を維持する場合は、以前の有効期限ポリシーを追加する必要があります。以前の有効期限ライフサイクルポリシーでは、バージョニングに対応したバケットで、以前のオブジェクトバージョンの削除が管理されます (バケットのバージョニングが有効になっている場合は、最新のオブジェクトバージョン 1 個と、0 個以上の以前のバージョンが維持されます)。詳細については、『&guide-s3-user;』の「バージョニングが有効なバケットのライフサイクル設定」を参照してください。

  3. Enable cross-region replication on the source bucket. You decide if you want to replicate all objects or only objects with a specific prefix (when using the console, think of this as deciding if you want to replicate only objects from a specific folder). For instructions, see How Do I Enable and Configure Cross-Region Replication for an S3 Bucket? in the Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド.

  4. Test the setup as follows:

    1. Create objects in the source bucket and verify that Amazon S3 replicated the objects in the destination bucket. The amount of time it takes for Amazon S3 to replicate an object depends on the object size. For information about finding replication status, see オブジェクトのレプリケーションのステータスを確認する方法.

    2. Update the object's ACL in the source bucket and verify that changes appear in the destination bucket. For instructions, see Setting Bucket and Object Access Permissions in the Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド.

    3. Update the object's metadata and verify that the changes appear in the destination bucket. For instructions, see How Do I Add Metadata to an S3 Object? in the Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド.

    Remember that the replicas are exact copies of the objects in the source bucket.

クロスリージョンレプリケーション

チュートリアル 2: レプリケート元とレプリケート先のバケットが異なる AWS アカウントによって所有されているクロスリージョンレプリケーションの設定

レプリケートするものと、しないもの

オブジェクトのレプリケーションのステータスを確認する方法

このページの内容: