メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

ログファイルの削除

ログが有効化されたバケット(「サーバーアクセスのロギング」を参照)には、時間の経過とともに多数のサーバーログオブジェクトが保存されることがあります。アプリケーションはこれらのアクセスログを一定期間必要とし、その後は不要になることがあります。Amazon S3 のライフサイクル設定でルールを指定しておくことで、これらのオブジェクトのライフサイクルが終わったときに、自動的にそれらのオブジェクトを削除キューに入れることができます。

ロギング設定でプレフィックスを指定した場合は、そのプレフィックスが付いたログオブジェクトを削除するよう、ライフサイクル設定ルールを指定することができます。例えば、ログオブジェクトに「logs/」というプレフィックスが付けられている場合、指定した期間の経過後に「/logs」というプレフィックスが付いたオブジェクトを削除するよう、ライフサイクル設定を指定することができます。ライフサイクル設定についての詳細は、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。