Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

Amazon S3 ログファイルの削除

S3 バケットでサーバーアクセスのログ記録が有効になっていると、時間の経過とともに多数のサーバーログオブジェクトが蓄積される場合があります。これらの作成されたアクセスログは、アプリケーションで必要な期間が過ぎたら、削除できます。Amazon S3 のライフサイクル設定でルールを指定しておくことで、これらのオブジェクトのライフサイクルが終わったときに、Amazon S3 を自動的に削除キューに入れることができます。

S3 バケット内のオブジェクトのサブセットに対してライフサイクル設定を定義するには、共有プレフィックスを使用してオブジェクト名を共通の文字列で始めます。サーバーアクセスのログ記録設定でプレフィックスを指定した場合は、そのプレフィックスが付いたログオブジェクトを削除するライフサイクル設定ルールを指定できます。たとえば、ログオブジェクトに logs/ プレフィックスを付けた場合、指定期間の経過後に /logs プレフィックスが付いたすべてのオブジェクトをバケットから削除するためのライフサイクル設定ルールを指定できます。ライフサイクル設定についての詳細は、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。

関連リソース

Amazon S3 サーバーアクセスのログ記録

このページの内容: