メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

コンソールを使用したロギングの有効化

ロギングを有効化(「サーバーアクセスのロギング」を参照)するため、Amazon S3 コンソールのバケットの [Properties] には [Logging] セクションがあります。

バケットへのロギングを有効化すると、コンソールによって、ソースバケットのロギングが有効化され、Log Delivery グループに書き込みを許可するためターゲットバケットの ACL が更新されます。

バケットでロギングを有効にするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール(https://console.aws.amazon.com/s3/)を開きます。

  2. [All Buckets] で、アクセスリクエストをログするバケットをクリックします。

  3. [Details] ペインで、[Properties] をクリックします。

  4. [Logging] で以下を行います。

    • [Enabled] チェックボックスをオンにします。

    • [Target Bucket] ボックスで、ログオブジェクトを受け取るバケット名をクリックします。

    • (オプション)ログオブジェクトのキープレフィックスを指定するには、[Target Prefix] ボックスに使用するプレフィックスを入力します。

  5. [Save] をクリックします。

バケットでロギングを無効にするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール(https://console.aws.amazon.com/s3/)を開きます。

  2. [All Buckets] で、アクセスリクエストをログするバケットをクリックします。

  3. [Details] ペインの [Logging] で [Logging] をクリックし、[Enabled] チェックボックスをオフにします。

  4. [Save] をクリックします。

プログラム的にロギングを有効化する方法については、「プログラムを使用したロギングの有効化」を参照してください。

ログレコードフォーマットの詳細(フィールドのリストとその説明を含む)については、「サーバーアクセスログの形式」を参照してください。