S3 のオブジェクトの所有権の設定 - Amazon Simple Storage Service

S3 のオブジェクトの所有権の設定

S3 のオブジェクトの所有権は、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス、AWS SDK、Amazon S3 REST API を使用して設定できます。AWS CloudFormation のサポートは予定されていますが、まだ使用できません。

このセクションでは、S3 のオブジェクトの所有権を有効にする方法の例を示します。AWS マネジメントコンソールを使用できます。コンソールの UI を使用して、コードを記述することなくアクセス許可を管理できます。

Amazon S3 コンソールの使用

Amazon S3 コンソールを使用してバケットに S3 のオブジェクトの所有権を設定する方法については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「AWS マネジメントコンソールで優先されるバケット所有者の S3 オブジェクトの所有権の設定」を参照してください。