メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

ライフサイクルとその他のバケット設定

ライフサイクル設定に加えて、バケットに他の設定を関連付けることができます。このセクションでは、ライフサイクル設定と他のバケット設定の関連について説明します。

ライフサイクルとバージョニング

ライフサイクル設定は、バージョニング対応および非対応のどちらのバケットにも追加できます。詳細については、「オブジェクトのバージョニング」を参照してください。バケットのバージョニングが有効になっている場合は、最新のオブジェクトバージョン 1 個と、0 個以上の以前のバージョンが維持されます。現在のオブジェクトバージョンと以前のオブジェクトバージョン用に異なるライフサイクルルールを定義できます。

詳細については、「ライフサイクル設定の要素」を参照してください。バージョニングの詳細については、「オブジェクトのバージョニング」を参照してください。

ライフサイクルと MFA が有効なバケット

MFA が有効なバケットでのライフサイクル設定はサポートされていません。

ライフサイクルとログ作成

バケットでログ作成が有効になっている場合、Amazon S3 は失効アクションの結果を次のように報告します。

  • ライフサイクルの失効アクションにより、Amazon S3 がオブジェクトを完全に削除する場合、Amazon S3 はログ記録でこれを S3.EXPIRE.OBJECT オペレーションとして報告します。

  • バージョニングが有効なバケットでは、ライフサイクルの失効アクションにより、現在のバージョンが論理的に削除され、Amazon S3 が削除マーカーを追加する場合、Amazon S3 は論理的な削除をログレコードで S3.CREATE.DELETEMARKER オペレーションとして報告します。詳細については、「オブジェクトのバージョニング」を参照してください。

  • Amazon S3 が GLACIER ストレージクラスにオブジェクトを移行するときに、オペレーションを開始したことを示すために、これをログレコードで S3.TRANSITION.OBJECT オペレーションとして報告します。これは STANDARD_IA ストレージクラスに移行するときに、S3.TRANSITION_SIA.OBJECT として報告されます。

関連トピック