オブジェクトの有効期限について - Amazon Simple Storage Service

オブジェクトの有効期限について

オブジェクトが有効期限に達すると、存続期間が終了したオブジェクトは自動的に Amazon S3 削除キューに追加され、非同期的に削除されます。有効期限が切れてから Amazon S3 でオブジェクトが削除されるまでに遅延が生じることがあります。失効したオブジェクトに関連付けられた格納期間に課金されることはありません。

オブジェクトに設定されている有効期限を調べるには、HEAD Object または GET Object API オペレーションを使用します。これらの API オペレーションは、この情報を提供するレスポンスヘッダーを返します。

S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 – IA、または S3 1 ゾーン – IA のストレージにあった期間が 30 日未満のオブジェクトを失効させる S3 ライフサイクル失効ルールを作成すると、30 日間の料金が発生します。S3 Glacier ストレージにあった期間が 90 日未満のオブジェクトを失効させるライフサイクル失効ルールを作成すると、90 日間の料金が発生します。S3 Glacier Deep Archive ストレージにあった期間が 180 日未満のオブジェクトを失効させるライフサイクル失効ルールを作成すると、180 日間の料金が発生します。詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「Amazon S3 の料金」および「S3 バケットのライフサイクルポリシーを作成する方法」を参照してください。