メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS マネジメントコンソールでの ACL の管理

AWS マネジメントコンソールには、バケットとオブジェクトに対する ACL ベースのアクセス許可を付与できる UI が用意されています。[Properties] ペインの [Permissions] タブでは、ACL に基づくアクセス許可を付与できます。次のスクリーンショットには、バケットの場合の [Permissions] が表示されています。

つまり、バケット ACL にある許可のリストが表示されています。許可ごとに、被付与者と、付与されたアクセス許可を示す一連のチェックボックスが表示されます。コンソール内のアクセス許可名は、ACL のアクセス許可名とは異なります。上記の図には、これらの対応が示されています。

上記の図では、FULL_CONTROL アクセス許可が付与された被付与者が示されています。すべてのチェックボックスが選択されていることに注意してください。Add bucket policy リンクを除く、示されているすべての UI コンポーネントは、ACL ベースのアクセス許可に関連します。UI により、アクセス許可を追加または削除できます。アクセス許可を追加するには、Add more permissions をクリックします。アクセス許可を削除するには、行をハイライトし、その右側にある X をクリックします。アクセス許可の更新を終了したら、Save をクリックして ACL を更新します。コンソールは必要なリクエストを Amazon S3 に送信して、特定のリソースの ACL を更新します。

詳細な手順については、『Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド』の「Editing Object Permissions」と「Editing Bucket Permissions」を参照してください。