メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

高レベル .NET API を使用したマルチパートアップロード

AWS SDK for .NET では、マルチパートアップロードを簡素化する高レベル API を公開しています(「Multipart Upload API を使用したオブジェクトのアップロードAWS SDK for Ruby を使用したマルチパートアップロード」を参照)。ファイル、ディレクトリ、またはストリームからデータをアップロードすることができます。ファイルからデータをアップロードする際にオブジェクトのキー名を指定しない場合、API はオブジェクトのキー名にファイル名を使用します。ストリームからデータをアップロードする場合は、オブジェクトのキー名を指定する必要があります。必要に応じて、マルチパートアップロードに使用するパートサイズ、パートを同時にアップロードする際に使用するスレッドの数、省略可能なファイルメタデータ、ストレージクラス(STANDARD や REDUCED_REDUNDANCY)、ACL など、詳細なオプションを設定することができます。高レベル API は、これらの詳細なオプションを設定する TransferUtilityUploadRequest クラスを提供します。

TransferUtility クラスは、進行中のマルチパートアップロードを中止するメソッドを提供します。DateTime 値を指定すると、API は、指定した日時の前に開始されたすべてのマルチパートアップロードを中止します。