バケットの作成 - Amazon Simple Storage Service

バケットの作成

AWS へのサインアップが済んだので、AWS マネジメントコンソールを使用してバケットを作成する準備が整いました。Amazon S3 のすべてのオブジェクトは、バケットに保管されます。Amazon S3 にデータを保管する前に、バケットを作成する必要があります。

注記

バケットの作成は課金対象にはなりません。バケット内にオブジェクトを保存した場合、およびバケット宛てまたはバケットからオブジェクトを転送した場合にのみ課金されます。このガイドの例に従って操作して発生する使用料はごくわずかです (1 USD 未満)。ストレージ料金の詳細については、「Amazon S3 の料金」を参照してください。

AWS コマンドラインインターフェイスを使用してバケットを作成するには、AWS CLI コマンドリファレンスの「create-bucket」を参照してください。

バケットを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [バケットを作成する] を選択します。

    [バケットを作成する] ページが開きます。

  3. [バケット名] に、バケットの DNS に準拠する名前を入力します。

    バケット名には次の条件があります。

    • すべての Amazon S3 で一意にする。

    • 3~63 文字で指定する。

    • 大文字を含めないでください。

    • 先頭の文字には小文字の英文字または数字を使用する。

    バケットを作成したら、その名前を変更することはできません。バケットの名前付けについて詳しくは、 Amazon Simple Storage Service デベロッパー開発者ガイドの「バケット命名規則」を参照してください。

    重要

    バケット名にアカウント番号などの機密情報を含めないでください。バケット名は、バケット内のオブジェクトを参照する URL に表示されます。

  4. [Region (リージョン)] で、バケットを配置する AWS リージョンを選択します。

    レイテンシーとコストを最小化するため、さらに規制条件に対応するために、最寄りのリージョンを選択します。明示的に別のリージョンに移動する場合を除き、特定のリージョンに保管されたオブジェクトは、そのリージョンから移動されることはありません。Amazon S3 AWS リージョンのリストについては、AWS 全般のリファレンスの「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。

  5. [Bucket settings for Block Public Access (ブロックパブリックアクセスのバケット設定)] で、値をデフォルトのままにします。

    デフォルトでは、Amazon S3 は、バケットへのすべてのパブリックアクセスをブロックします。パブリックアクセスブロックの設定はすべて有効のままにしておくことをお勧めします。パブリックアクセスのブロックの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「Amazon S3 パブリックアクセスブロックの使用」を参照してください。

  6. [バケットを作成する] を選択します。

Amazon S3 にバケットが作成されました。

オブジェクトをバケットに追加するには、「バケットへのオブジェクトのアップロード」を参照してください。