S3 のバケットのライフサイクルルールを作成する方法 - Amazon Simple Storage Service

このガイドは更新されていません。最新の情報と手順については、新しい Amazon S3 ユーザーガイドを参照してください。

S3 のバケットのライフサイクルルールを作成する方法

ライフサイクルルールを使用すると、オブジェクトのライフタイムで Amazon S3 が実行するアクションを定義することができます (他のストレージクラスへのオブジェクトの移行や指定した期間後のオブジェクトのアーカイブや削除など)。

共通のプレフィックス (共通の文字列で始まるオブジェクト名) またはタグを使用することで、バケット内のすべてのオブジェクトまたはオブジェクトのサブセットにライフサイクルルールを定義できます。

ライフサイクルルールを使用して、現在のバージョンまたは以前のバージョンのオブジェクトに対して特定のアクションを定義できます。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「オブジェクトのライフサイクル管理」、「オブジェクトのバージョニング」、「バージョニングの使用」を参照してください。

ライフサイクルルールを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [Buckets (バケット)] リストで、ライフサイクルルールを作成するバケットの名前を選択します。

  3. [Management (管理)] タブを選択して、[Create lifecycle rule (ライフサイクルルールを作成する)] を選択します。

  4. [Lifecycle rule name (ライフサイクルルール名)] に、ルールの名前を入力します。

    その名前はバケット内で一意である必要があります。

  5. ライフサイクルルールのスコープを選択します。

    • 特定のプレフィックスまたはタグを持つすべてのオブジェクトにこのライフサイクルルールを適用するには、[スコープを特定のプレフィックスまたはタグに制限] を選択します。

      • スコープをプレフィックスで制限するには、[Prefix (プレフィックス)] にプレフィックスを入力します。

      • スコープをタグで制限するには、[Add tag (タグの追加)] を選択してタグのキーと値を入力します。

      オブジェクト名のプレフィックスの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「オブジェクトキー」を参照してください。オブジェクトのタグの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「オブジェクトのタグ付け」を参照してください。

    • このライフサイクルルールをバケット内のすべてのオブジェクトに適用するには、[This rule applies to all objects in the bucket (このルールは、バケット内のすべてのオブジェクトに適用されます)] を選択して、[I acknowledge that this lifecycle rule will apply to all objects in the bucket (このライフサイクルルールがバケット内のすべてのオブジェクトに適用されることを了承します)] を選択します。

  6. [Lifecycle rule actions (ライフサイクルルールのアクション)] で、ライフサイクルルールで実行するアクションを以下から選択します。

    • オブジェクトの現在のバージョンをストレージクラス間で移行する

    • オブジェクトの以前のバージョンをストレージクラス間で移動する

    • オブジェクトの現在のバージョンを期限切れにする

    • オブジェクトの以前のバージョンを完全に削除する

    • 期限切れの削除マーカーまたは未完了のマルチパートアップロードを削除する

    選択したアクションに応じて、異なるオプションが表示されます。

  7. オブジェクトの現在のバージョンをストレージクラス間で移行するには、[Transition current versions of objects between storage classes (オブジェクトの現行バージョンをストレージクラス間で移行する)] で以下の操作を行います。

    1. [Storage class transition (ストレージクラスへの移行)] で、移行するストレージクラスを選択します。

      • 標準 – IA

      • [Intelligent-Tiering]

      • 1 ゾーン – IA

      • Glacier

      • Glacier Deep Archive

    2. [Days after object creation (オブジェクトが作成されてからの日数)] に、オブジェクトの作成から移行までの日数を入力します。

    ストレージクラスの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「Amazon S3 ストレージクラス」を参照してください。オブジェクトの現在のバージョンだけ、以前のバージョンだけ、または現在と以前の両方のバージョンについて、移行を定義できます。バージョニングを使用すると、1 つのバケットで複数バージョンのオブジェクトを維持できます。バージョニングの詳細については、「S3 バケットのバージョニングを有効化または停止する方法」を参照してください。

    重要

    ストレージクラスに Glacier または Glacier Deep Archive を選択した場合は、オブジェクトは Amazon S3 に保持されます。Amazon S3 Glacier サービスを別途使用して直接アクセスすることはできません。詳細については、「Amazon S3 のライフサイクルを使用したオブジェクトの移行」を参照してください。

  8. オブジェクトの以前のバージョンをストレージクラス間で移行するには、[Transition non-current versions of objects between storage classes (オブジェクトの以前のバージョンをストレージクラス間で移行する)] で以下の操作を行います。

    1. [Storage class transition (ストレージクラスへの移行)] で、移行するストレージクラスを選択します。

      • 標準 – IA

      • [Intelligent-Tiering]

      • 1 ゾーン – IA

      • Glacier

      • Glacier Deep Archive

    2. [Days after object becomes non-current (オブジェクトが最新バージョンでなくなってからの日数)] に、オブジェクトの作成から移行までの日数を入力します。

  9. オブジェクトの現在のバージョンを期限切れにするには、[Expire previous versions of objects (オブジェクトの以前のバージョンを期限切れにする)] の [Number of days after object creation (オブジェクトが作成されてからの日数)] に日数を入力します。

    重要

    バージョニングされていないバケットで期限切れにするアクションを実行すると、Amazon S3 によってオブジェクトが完全に削除されます。ライフサイクルのアクションの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「ライフサイクルアクションを記述する要素」を参照してください。

  10. オブジェクトの以前のバージョンを完全に削除するには、[Permanently delete previous versions of objects (オブジェクトの前のバージョンを完全に削除する)] で [Number of days after objects become previous versions (オブジェクトが最新バージョンでなくなってからの日数)] に日数を入力します。

  11. [Delete expired delete markers or incomplete multipart uploads (期限切れの削除マーカーまたは未完了のマルチパートアップロードを削除する)] で、[Delete expired object delete markers (期限切れのオブジェクト削除マーカーを削除する)] と [Delete incomplete multipart uploads (不完全なマルチパートアップロードを削除)] を選択します。次に、マルチパートアップロードの開始から未完了のマルチパートアップロードを終了してクリーンアップするまでの日数を入力します。

    マルチパートアップロードの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「マルチパートアップロードの概要」を参照してください。

  12. [Create rule] を選択します。

    ルールにエラーがない場合は、Amazon S3 によって有効にされ、[Management (管理)] タブの [Lifecycle rules (ライフサイクルルール)] に表示されます。