Amazon S3 オブジェクトをロックする方法 - Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 オブジェクトをロックする方法

S3 オブジェクトロック では、Write Once Read Many (WORM) モデルを使用してオブジェクトを Amazon S3 に保存できます。S3 オブジェクトロック を使用して、オブジェクトが固定期間または無期限に削除または上書きされることを防止できます。AWS CLI、AWS SDK、Amazon S3 REST API を使用したオブジェクトロックの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「オブジェクトロック を使用したオブジェクトのロック」を参照してください。

オブジェクトをロックする前に、バケットで S3 オブジェクトロック を有効にする必要があります。バケットを作成するときに オブジェクトロック を有効にします。バケットで オブジェクトロック が有効になった後、そのバケットでオブジェクトをロックできます。オブジェクトロック を有効にしてバケットを作成すると、オブジェクトロック を無効にしたり、バケットのバージョニングを停止したりすることはできません。

S3 オブジェクトロック オブジェクトロックを有効にしてバケットを作成する方法の詳細については、「S3 バケットを作成する方法」を参照してください。

Amazon S3 オブジェクトをロックするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [バケット名] リストで、目的のバケットの名前を選択します。

    
          バケット名リストの選択したバケットを示すコンソールのスクリーンショット。
  3. [名前] リストで、ロックするオブジェクトの名前を選択します。

    
          名前リストの選択したオブジェクトを示すコンソールのスクリーンショット。
  4. [プロパティ] を選択します。

    
          プロパティタブを示すコンソールのスクリーンショット。
  5. [オブジェクトロック] を選択します。

    
          S3 オブジェクトロック プロパティタブを示すコンソールのスクリーンショット。
  6. リテンションモードを選択します。[Retain until date (リテンション期日)] は変更できます。またリーガルホールドを有効にすることもできます。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「S3 オブジェクトロック の概要」を参照してください。

    
          オブジェクトロック ダイアログボックスを示すコンソールのスクリーンショット。
  7. [Save] を選択します。

詳細情報