Amazon Simple Storage Service
コンソールユーザーガイド

イベント通知を受け取る送信先を設定する方法

バケットのイベント通知を有効にするには、以下の送信先タイプのいずれか 1 つを設定する必要があります。

Amazon SNS トピック

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) は、サブスクライブしているエンドポイントまたはクライアントへのメッセージの配信または送信を、調整および管理するウェブサービスです。Amazon SNS コンソールを使用して、通知の送信先にする Amazon SNS トピックを作成できます。Amazon SNS トピックは Amazon S3 バケットと同じリージョンに存在する必要があります。Amazon SNS トピックの作成については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイド の「開始方法」を参照してください。

イベント通知の送信先として作成した Amazon SNS トピックを使用するには、以下のものが必要です。

  • Amazon SNS トピックの Amazon リソースネーム (ARN)

  • 有効な Amazon SNS トピックのサブスクリプション (トピックのサブスクライバーは、メッセージが Amazon SNS トピックに発行されると通知を受け取ります)

  • Amazon SNS コンソールでセットアップしたアクセス許可ポリシー (次の例を参照)

    { "Version":"2012-10-17", "Id": "__example_policy_ID", "Statement":[ { "Sid": "example-statement-ID", "Effect":"Allow", "Principal": "*", "Action": "SNS:Publish", "Resource":"arn:aws:sns:region:account-number:topic-name", "Condition": { "ArnEquals": { "aws:SourceArn": "arn:aws:s3:::bucket-name" } } } ] }
Amazon SQS キュー

Amazon SQS コンソールを使用して、通知の送信先にする Amazon SQS キューを作成できます。Amazon SQS キューは Amazon S3 バケットと同じリージョンに存在する必要があります。Amazon SQS キューの作成については、Amazon Simple Queue Service 開発者ガイド の「Amazon SQS の使用開始」を参照してください。

イベント通知の送信先として Amazon SQS キューを使用するには、以下のものが必要です。

  • Amazon SQS トピックの Amazon リソースネーム (ARN)

  • Amazon SQS コンソールでセットアップしたアクセス許可ポリシー (次の例を参照)

    { "Version":"2012-10-17", "Id": "__example_policy_ID", "Statement":[ { "Sid": "example-statement-ID", "Effect":"Allow", "Principal": "*", "Action": "SQS:*", "Resource":"arn:aws:sqs:region:account-number:queue-name", "Condition": { "ArnEquals": { "aws:SourceArn": "arn:aws:s3:::bucket-name" } } } ] }
Lambda 関数

AWS Lambda コンソールを使用して Lambda 関数を作成できます。Lambda 関数は S3 バケットと同じリージョンに存在する必要があります。Lambda 関数の作成については、「AWS Lambda Developer Guide」を参照してください。

Lambda 関数をイベント通知の送信先として使用するには、イベント通知の送信先として Lambda 関数を設定するために、Lambda 関数の名前または ARN が必要になります。

Lambda と Amazon S3 の使用の詳細については、AWS Lambda Developer Guide の「Amazon S3 で AWS Lambda: を使用する」を参照してください。