Amazon Simple Storage Service
コンソールユーザーガイド

S3 バケットのプロパティを表示する方法

このトピックでは、S3 バケットのプロパティを表示する方法を説明します。

S3 バケットのプロパティを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [バケット名] リストで、プロパティを表示するバケットの名前を選択します。

  3. [プロパティ] を選択します。

  4. [プロパティ] ページで、バケットの次のプロパティを設定できます。

    1. [バージョニング] – バージョニングを使用すると、1 つのバケットで複数バージョンのオブジェクトを維持できます。バージョニングは、新しいバケットに対してデフォルトで無効になります。バージョニングを有効にする詳細については、「S3 バケットのバージョニングを有効または停止する方法」を参照してください。

    2. [Server access logging (サーバーアクセスのログ記録)] – サーバーアクセスログ記録には、バケットに対して行われたリクエストの詳細が記録されます。デフォルトでは、Amazon S3 によってサーバーアクセスログは収集されません。サーバーアクセスログ記録の有効化については、「S3 バケットのサーバーアクセスのログ記録を有効にする方法」を参照してください。

    3. [静的ウェブサイトホスティング] – – 静的ウェブサイトを Amazon S3 でホスティングできます。静的ウェブサイトホスティングを有効にするには、[静的ウェブサイトホスティング] を選択し、使用する設定を指定します。詳細については、「静的ウェブサイトホスティング用に S3 バケットを設定する方法」を参照してください。

    4. [Object-level logging (オブジェクトレベルのログ記録)] – オブジェクトレベルのログ記録では、CloudTrail データイベントを使用してオブジェクトレベルの API アクティビティが記録されます。オブジェクトレベルのログ記録の有効化については、「AWS CloudTrail データイベントで S3 バケットのオブジェクトレベルのログ記録を有効にする方法」を参照してください。

    5. [タグ] – AWS コスト配分でバケットタグを使用して、バケットの使用に対する請求に注釈を付けることができます。タグはキー/値ペアになっており、バケットに割り当てられるラベルを表します。タグを追加するには、[タグ] を選択し、続いて [タグの追加] を選択します。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「S3 バケットでのコスト配分タグの使用」を参照してください。

    6. [Transfer acceleration] – Amazon S3 Transfer Acceleration によって、クライアントと S3 バケットの長距離間でファイルを高速、簡単、安全に転送できます。Transfer Acceleration の有効化の詳細については、「S3 バケットの Transfer Acceleration を有効にする方法」を参照してください。

    7. [イベント] – イベントが発生するたびに送信先へ通知メッセージを送信する、Amazon S3 バケットイベントを有効にすることができます。イベントを有効にするには、[イベント] を選択し、使用する設定を指定します。詳細については、「S3 バケットのイベント通知を有効化および設定する方法」を参照してください。

    8. [リクエスタ支払い] – リクエスタ支払いを有効にして、バケット所有者ではなくリクエスタが、リクエストおよびデータ転送の料金の支払いを行うようにできます。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイドの「リクエスタ支払いバケット」を参照してください。