Amazon S3 on Outposts の使用 - Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 on Outposts の使用

AWS Outposts は、AWS のインフラストラクチャ、サービス、API、ツールをユーザーのオンプレミスまで拡張するフルマネージドサービスです。AWS Outposts は、AWS マネージドインフラストラクチャへのローカルアクセスを提供することで、AWS リージョンと同じプログラミングインターフェイスを使用してオンプレミスでアプリケーションを構築して実行できるようにします。同時に、コンピューティングとストレージのローカルリソースを使用して、レイテンシーを短縮し、ローカルのデータ処理ニーズに対応します。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「AWS Outposts とは」を参照してください。

Amazon S3 on Outposts を使用すると、AWS Outposts で S3 バケットを作成し、ローカルデータアクセス、ローカルデータ処理、データレジデンシーを必要とするアプリケーション用に、オンプレミスのオブジェクトを簡単に保存および取得できます。S3 on Outposts は、S3 API を使用する OUTPOSTS という新しいストレージクラスを提供し、AWS Outposts 上の複数のデバイスやサーバー間でデータを永続的かつ冗長的に保存するように設計されています。仮想プライベートクラウド (VPC) を介したアクセスポイントとエンドポイント接続を使用して、Outposts バケットと通信します。Outposts バケットでは、Amazon S3 と同じ API と機能 (アクセスポリシー、暗号化、タグ付けなど) を使用できます。AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS SDK、または REST API を使用して、Outposts で S3 を使用できます。

S3 on Outposts を使ってオブジェクトストレージをオンプレミスでデプロイでき、AWS がモニタリング、パッチ適用、および更新を行います。S3 on Outposts で、オンプレミスストレージを管理する場合に必要となる時間、リソース、運用リスク、メンテナンスのダウンタイムを抑えることができます。オンプレミス環境でデータをローカルに処理して安全に保存でき、また、AWS リージョンの Amazon S3 にデータを転送してさらに処理やアーカイブすることが可能です。S3 on Outposts を使って、国、都道府県、または現在 AWS リージョンがない場所内の Outpost のオンプレミスにデータを保持することで、データ所在地または規制に関する要件を満たすことができます。

高スループットのローカル処理を必要とするオンプレミスアプリケーションの場合、S3 on Outposts は、データ転送とネットワーク変動からのバッファを最小限に抑えるオンプレミスのオブジェクトストレージだけでなく、Outposts と AWS リージョン間でデータを簡単に転送する機能も提供します。Amazon S3 on Outposts は AWS DataSync と統合されています。そのため、Outposts と AWS リージョン間のデータ転送を自動化して、転送する対象、転送するタイミング、使用するネットワーク帯域幅を選択できます。DataSync を使用して S3 on Outposts バケットからデータを転送する方法の詳細については、AWS DataSync ユーザーガイド の「AWS DataSync の開始方法」を参照してください。