オブジェクトのコピー - Amazon Simple Storage Service

オブジェクトのコピー

コピーオペレーションは、マニフェストで指定した各オブジェクトをコピーします。オブジェクトを同じ AWS リージョンのバケットにコピーしたり、別のリージョンのバケットにコピーしたりできます。S3 バッチ操作では、Amazon S3 のオブジェクトのコピーで使用できるほとんどのオプションがサポートされています。このオプションには、オブジェクトのメタデータの設定、アクセス許可の設定およびオブジェクトのストレージクラスの変更が含まれます。

コピーオペレーションを使用して、既存の暗号化されていないオブジェクトをコピーし、同じバケットに暗号化されたオブジェクトとして書き込むこともできます。詳細については、「Encrypting objects with Amazon S3 Batch Operations」を参照してください。

オブジェクトをコピーするときに、オブジェクトのチェックサムの計算に使用されるチェックサムアルゴリズムを変更できます。オブジェクトの追加のチェックサムが計算されていない場合は、使用する Amazon S3 のチェックサムアルゴリズムを指定して追加することもできます。詳細については、「オブジェクトの整合性をチェックする」を参照してください。

Amazon S3 でのオブジェクトのコピー、および必須パラメータとオプションのパラメータの詳細については、このガイドの オブジェクトのコピーと移動 および Amazon Simple Storage Service API リファレンスCopyObject を参照してください。

制約と制限

  • すべてのソースオブジェクトは 1 つのバケットにある必要があります。

  • すべての送信先オブジェクトは 1 つのバケットにある必要があります。

  • 送信元バケットへの読み込み許可および送信先バケットへの書き込み許可を保持していることが必要です。

  • コピーできるオブジェクトのサイズは 5 GB までです。

  • S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive クラスから S3 Standard ストレージクラスにオブジェクトをコピーする場合は、まずこれらのオブジェクトを復元する必要があります。詳細については、「アーカイブされたオブジェクトの復元」を参照してください。

  • コピージョブは、コピー先リージョン (オブジェクトをコピーする先のリージョン) で作成する必要があります。

  • 条件式による ETag の確認とお客様が用意した暗号化キーを使用したサーバー側の暗号化 (SSE-C) を除く、すべてのコピーオプションがサポートされています。

  • バケットがバージョン化されていない場合、同じキー名を使用してオブジェクトを上書きできます。

  • オブジェクトは、マニフェストに表示されている順序と同じ順序でコピーされるとは限りません。バージョン管理されたバケットでは、現在のバージョンまたは以前のバージョンの順序を維持することが重要な場合は、最初に以前のバージョンをすべてコピーする必要があります。次に、最初のジョブが完了したら、後続のジョブで現在のバージョンをコピーします。

  • 低冗長化ストレージ (RRS) クラスへのオブジェクトのコピーはサポートされていません。