コンソールを使用した S3 オブジェクトロックの設定 - Amazon Simple Storage Service

コンソールを使用した S3 オブジェクトロックの設定

S3 オブジェクトロックでは、Write Once Read Many (WORM) モデルを使用して Amazon S3 にオブジェクトを保存できます。S3 Object オブジェクトロックを使用して、オブジェクトが固定期間または無期限に削除または上書きされることを防止できます。S3 オブジェクトロックの機能の詳細については、「S3 オブジェクトロックの仕組み」を参照してください。

S3 オブジェクトロックを使用するには、次の基本的な手順に従います。

  1. オブジェクトロックを有効にして新しいバケットを作成します。

  2. (オプション) バケットに配置されたオブジェクトのデフォルトの保持期間を設定します。

  3. ロックするオブジェクトをバケットに配置します。

  4. 保護するオブジェクトに保存期間、リーガルホールド、またはその両方を適用します。

オブジェクトをロックする前に、S3 オブジェクトロックを使用するようにバケットを有効にする必要があります。オブジェクトロックは、バケットを作成するときに有効にできます。バケットのオブジェクトロックを有効にした後、そのバケットでオブジェクトをロックすることができます。オブジェクトロックを有効にしたバケットを作成した後、オブジェクトロックを無効にしたり、バケットのバージョニングを停止することはできません。

S3 オブジェクトロックを有効にしてバケットを作成する方法の詳細については、「バケットの作成」を参照してください。

オブジェクトロックの法的保留を有効にするには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [Buckets (バケット)] リストで、目的のバケットの名前を選択します。

  3. [オブジェクト] リストで、有効または無効にしたいオブジェクトの名前を選択します。

    [オブジェクトの概要] が開き、オブジェクトのプロパティが表示されます。

  4. [オブジェクトロックの法的保留] で、[編集] を選択します。

  5. [法的保留] で、[有効] または [無効] を選択します

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

オブジェクトロックの保持設定を編集するには

  1. [オブジェクト] リストで、オブジェクトロックの保持期間の設定を編集したいオブジェクトの名前を選択します。

    [オブジェクトの概要] が開き、オブジェクトのプロパティが表示されます。

  2. [オブジェクトロックの保持] で、[編集] を選択します。

  3. [保持] で、[有効] または [無効] を選択します

  4. [保持モード]で、[ガバナンスモード] または [コンプライアンスモード] を選択します。

  5. [日付までの保持期限] ボックスに、選択した保持モードによる保護を解除する日付を入力します。

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

法的保留および保持設定の詳細については、「S3 オブジェクトロックの仕組み」を参照してください。

AWS CLI、AWS SDK、Amazon S3 REST API を使用してオブジェクトロックを管理する方法の詳細は、オブジェクトロックの管理 を参照してください。