AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

一般的なタスクへのクイックリンク

以下のリンクを使用して、IAM に関連する一般的なタスクのヘルプを参照します。

IAM ユーザーとしてサインインする

IAM ユーザーが AWS にサインインする方法」を参照してください。

IAM ユーザーのパスワードを管理する

請求情報へのアクセスを含め、AWS マネジメントコンソール にアクセスするには、パスワードが必要です。

AWS アカウントのルートユーザー については、「AWS アカウントのルートユーザーのパスワードの変更」を参照してください。

IAM ユーザーについては、「IAM ユーザーのパスワードの管理」を参照してください。

IAM ユーザーのアクセス許可を管理する

ポリシーを使用して、お客様の AWS アカウントの IAM ユーザーにアクセス許可を付与します。IAM ユーザーには、作成時にアクセス許可がないため、AWS リソースを使用するアクセス許可を付与する必要があります。

詳細については、「IAM ポリシーを管理する」を参照してください。

お客様の AWS アカウントのユーザーを表示し、それらのユーザーの認証情報について情報を取得する

AWS アカウントの認証情報レポートの取得」を参照してください。

多要素認証 (MFA) を追加する

仮想 MFA デバイスを追加するには、以下のいずれかを参照してください。

U2F セキュリティキーを追加するには、以下のいずれかを参照してください。

ハードウェア MFA デバイスを追加するには、以下のいずれかを参照してください。

アクセスキーを取得する

AWS SDKAWS コマンドラインツールTools for Windows PowerShell、または API オペレーションを使用して AWS リクエストを行う場合は、アクセスキーが必要です。

重要

アクセスキーを作成するときのみ、シークレットアクセスキーを表示およびダウンロードできます。後で、シークレットアクセスキーを表示したり、復旧したりすることはできません。ただし、シークレットアクセスキーを紛失した場合は、新しいアクセスキーを作成できます。

AWS アカウントについては、「AWS アカウントのアクセスキーの管理」を参照してください。

IAM ユーザーについては、「IAM ユーザーのアクセスキーの管理」を参照してください。

AWS をすべて開始する

このドキュメントでは、主に IAM サービスを取り扱います。AWS の開始方法と、複数のサービスを使用して問題 (最初のプロジェクトの構築および起動) を解決する方法については、「開始方法リソースセンター」を参照してください。