メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

AWS Import Export Disk Service のアクション、リソース、および条件キー

AWS Import Export Disk Service (サービスプレフィックス: importexport) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS Import Export Disk Service で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用することにより、AWS でオペレーションを実行するすべてのユーザーのアクセス許可を定義します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
CancelJob このアクションは指定されたジョブをキャンセルします。ジョブの所有者のみがキャンセルできます。ジョブがすでに開始されている場合や完了している場合は、アクションは失敗します。 書き込み
CreateJob このアクションは、データのアップロードまたはダウンロードをスケジュールするプロセスを開始します。 書き込み
GetShippingLabel この操作は、処理のために AWS にデバイスを発送する際に使用する前払い配送ラベルを生成します。 Read
GetStatus このアクションは、ジョブが一連のプロセスのどの段階にあるか、結果のステータス、ジョブに関連付けられた署名値を含む、ジョブに関する情報を返します。 Read
ListJobs このアクションは、リクエスタに関連付けられたジョブを返します。 リスト
UpdateJob このアクションを使用して、新しいマニフェストファイルを提供し元のマニフェストファイルで指定されているパラメーターを変更できます。 書き込み

Import/Export で定義されるリソース

Import/Export には、IAM ポリシーステートメントの Resource 要素として使用できるサービス定義のリソースはありません。

AWS Import Export Disk Service の条件キー

Import/Export には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルな条件コンテキストキーのリストについては、『IAM ポリシーのリファレンス』の「条件に利用可能なキー」を参照してください。