メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

AWS Shield のアクション、リソース、および条件キー

AWS Shield (サービスプレフィックス: shield) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS Shield で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用することにより、AWS でオペレーションを実行するすべてのユーザーのアクセス許可を定義します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
CreateProtection 指定されたリソース ARN の DDoS 保護サービスを有効化します。 書き込み

protection*

CreateSubscription サブスクリプションを有効化します。 書き込み
DeleteProtection 既存のユーザーを削除します。 書き込み

protection*

DeleteSubscription サブスクリプションを無効化します。 書き込み
DescribeAttack 攻撃の詳細を取得します。 Read

attack*

DescribeProtection 保護の詳細を取得します。 Read

protection*

DescribeSubscription 開始時間などのサブスクリプションの詳細を取得します。 Read
ListAttacks 既存のすべての攻撃を一覧表示します。 リスト
ListProtections 既存のすべての保護を一覧表示します。 リスト

Shield で定義されるリソース

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。「アクション」テーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
attack arn:${Partition}:shield::${Account}:attack/${Id}
protection arn:${Partition}:shield::${Account}:protection/${Id}

AWS Shield の条件キー

Shield には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルな条件コンテキストキーのリストについては、『IAM ポリシーのリファレンス』の「条件に利用可能なキー」を参照してください。