メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

AWS X-Ray のアクション、リソース、および条件キー

AWS X-Ray (サービスプレフィックス: xray) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS X-Ray で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用することにより、AWS でオペレーションを実行するすべてのユーザーのアクセス許可を定義します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
BatchGetTraces ID で指定されたトレースのリストを取得します。各トレースは、単一のリクエストに由来するセグメントドキュメントのコレクションです。GetTraceSummaries を使用して、トレース ID のリストを取得します。 Read
GetServiceGraph 受信リクエストを処理するサービスと、その結果として呼び出されるダウンストリームサービスを記述するドキュメントを取得します。 Read
GetTraceGraph 1 つまたは複数の特定のトレース ID のサービスグラフを取得します。 Read
GetTraceSummaries オプションのフィルタを使用して、指定したタイムフレームで使用可能なトレースの ID とメタデータを取得します。トレース全体を取得するには、トレース ID を BatchGetTraces に渡します。 Read
PutTelemetryRecords テレメトリをサービスに送信するために AWS X-Ray デーモンによって使用されます。 書き込み
PutTraceSegments セグメントドキュメントを AWS X-Ray にアップロードします。X-Ray SDK はセグメントドキュメントを生成し、X-Ray デーモンに送信して、X-Ray デーモンはそれらをバッチ単位でアップロードします。 書き込み

XRay で定義されるリソース

XRay には、IAM ポリシーステートメントの Resource 要素として使用できるサービス定義のリソースはありません。

AWS X-Ray の条件キー

XRay には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルな条件コンテキストキーのリストについては、『IAM ポリシーのリファレンス』の「条件に利用可能なキー」を参照してください。