AWS サインインまたはアカウントの問題のトラブルシューティング - AWS Identity and Access Management

AWS サインインまたはアカウントの問題のトラブルシューティング

サインインやその他の AWS アカウントの問題のトラブルシューティングに役立つ情報は、ここに記載されています。AWS アカウントにサインインする手順については、「IAM ユーザーまたはルートユーザーとしての AWS Management Console へのサインイン」を参照してください。

Amazon.com へのサインインに問題がある場合は、「Amazon カスタマーサービス」を参照してください。

AWS アカウント ID または AWS アカウントのエイリアスが必要

IAM ユーザーがサインインしていない場合は、管理者に AWS アカウント ID または AWS アカウントのエイリアスを問い合わせる必要があります。AWS アカウントにサインインするには、この情報に加えて、IAM ユーザー名とパスワードが必要です。

IAM ユーザー名またはパスワードを忘れた場合

ユーザーが IAM ユーザーの場合は、管理者が認証情報を提供します。パスワードを忘れた場合は、管理者にリセットを依頼する必要があります。

セキュリティ上の目的で、AWS にはお客様の認証情報を表示、提供、または変更するアクセス権限はありません。

AWS アカウントのパスワードを忘れてしまった

ルートユーザーであり、AWS アカウントのパスワードを紛失または忘れた場合は、パスワードをリセットできます。AWS アカウントの作成に使用した E メールアドレスを把握し、E メールアカウントへのアクセス権限を持っている必要があります。詳細については、「紛失したり忘れたりしたパスワードまたは AWS のアクセスキーのリセット」を参照してください。

AWS アカウントの E メールにアクセスできない

AWS アカウントを作成するときに、E メールアドレスとパスワードを指定します。これらは、AWS アカウント ルートユーザーの認証情報です. AWS アカウントに関連付けられている E メールアドレスが不明な場合は、no-reply@amazon.com から、AWS アカウントを開くために使用された可能性のある組織の E メールアドレスへの保存済みの連絡を確認します。

E メールアドレスがわかっていても、E メールにアクセスできなくなった場合は、まず次のいずれかのオプションを使用して、E メールへのアクセスを回復します。

  • E メールアドレスのドメインを所有している場合は、削除した E メールアドレスを復元できます。または、E メールアカウントにキャッチオールを設定することもできます。「キャッチオール」は、メールサーバーに存在しなくなった E メールアドレスに送信されたすべてのメッセージをキャッチし、別のメールアドレスにリダイレクトします。

  • アカウントの E メールアドレスが企業 E メールシステムの一部である場合は、IT システム管理者に連絡することをお勧めします。管理者は、E メールへのアクセス許可の回復を支援できる可能性があります。

それでも AWS アカウントにサインインできない場合は、お問い合わせから代替サポートオプションを見つけることができます。[ I cannot login to my AWS account (AWS アカウントにログインできません)] を展開し、[Request Support for AWS Account Credentials (AWS アカウント認証情報のサポートをリクエスト)] を選択します。フォームに情報を入力し、[Submit (送信)] を選択します。

AWS アカウントのクレジットカードを変更する必要がある

AWS アカウントのクレジットカードを変更するには、サインインできる必要があります。AWS には、アカウントの所有者であることを証明する必要がある保護機能があります。ルート案内については、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイドの「クレジットカード支払い方法の管理の」を参照してください。。

不正な AWS アカウントアクティビティを報告する必要がある

AWS アカウントを使用した不正なアクティビティの疑いがあり、レポートを作成する場合は、「AWS リソースの不正使用の報告方法」を参照してください。

Amazon.com での購入に問題がある場合は、「Amazon カスタマーサービス」を参照してください。

AWS アカウントを解約する必要がある

AWS アカウントをお持ちの場合は、次の手順でアカウントを閉じることができます。請求およびコスト管理のユーザーガイドの「アカウントの閉鎖]。