パブリックホストゾーンを使用する場合の考慮事項 - Amazon Route 53

パブリックホストゾーンを使用する場合の考慮事項

パブリックホストゾーンを使用する場合は、以下の点を考慮してください。

NS レコードと SOA レコード

ホストゾーンを作成すると、Amazon Route 53 はそのゾーンに対して、1 つのネームサーバー (NS) レコードと、1 つの Start of Authority (SOA) レコードを自動的に作成します。NS レコードはレジストラまたは DNS サービスに付与された 4 つのネームサーバーを識別し、DNS クエリが Route 53 ネームサーバーにルーティングされるようにします。NS および SOA レコードの詳細については、「Amazon Route 53 がパブリックホストゾーンに作成する NS レコードと SOA レコード」を参照してください。

同じ名前を持つ複数のホストゾーン

同じ名前を持つ複数のホストゾーンを作成し、各ホストゾーンに異なるレコードを追加できます。Route 53 は、4 つのネームサーバーをホストゾーンごとに割り当てます。ネームサーバーは各ホストゾーンで異なります。レジストラのネームサーバーレコードを更新する際には、 Route 53 ネームサーバーが、(ドメインのクエリに応答する場合に Route 53 が使用するレコードが含まれる) 正しいホストゾーンを使用するようにしてください。Route 53 が、同じ名前の他のホストゾーンのレコードに値を返すことは決してありません。

再利用可能な委託セット

デフォルトで、Route 53 は作成された各ホストゾーンに対し、 4 つのネームサーバーによる一意なセット (まとめて委託セットと呼ばれます) を割り当てます。多数のホストゾーンを作成する場合は、プログラムで再利用可能な委託セットを作成できます。(再利用可能な委託セットは Route 53 コンソールからは操作できません)。次に、ホストゾーンをプログラムで作成し、同じ再利用可能な委任セット (同じ 4 つのネームサーバー) を各ホストゾーンに割り当てることができます。

再利用可能な委託セットにより、Route 53 を DNS サービスとして使用するすべてのドメインで、同じ 4 つのネームサーバーを使用するようドメイン名のレジストラに指示できるため、DNS サービスの Route 53 への移行が簡素化されます。詳細については、Amazon Route 53 API リファレンスの「CreateReusableDelegationSet」を参照してください。