メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

ドメイン名を使用した Amazon RDS データベースインスタンスへの接続の開始

ウェブアプリケーションのデータストレージに Amazon RDS データベースインスタンスを使用した場合、DB インスタンスに割り当てられるドメイン名は、次のように一部がランダムに割り当てられた長い英数字文字列となります。

myexampledb.a1b2c3d4wxyz.us-west-2.rds.amazonaws.com

Amazon RDS DB インスタンスへの接続を開始するときは必ず、アプリケーションコードでドメイン名を指定する必要があります。

覚えやすいドメイン名を使用する場合は、代わりに独自のドメイン名を使用できます。これを行うには、Amazon Route 53 を使用して、ドメイン名を DB インスタンスのドメイン名に関連付ける CNAME リソースレコードセットを作成できます。

たとえば、CNAME リソースレコードセットを作成し、productdata.example.com をドメイン名 myexampledb.a1b2c3d4wxyz.us-west-2.rds.amazonaws.com にマッピングできます。CNAME レコードを作成すると、Amazon RDS DB インスタンスへの接続を開始するときはいつでもアプリケーションコードで productdata.example.com を使用できます。

CNAME リソースレコードセットにより、覚えやすい名前を使用できるようになるだけでなく、DB インスタンスの置き換えも簡単になります。すべてのコードを新しい DB インスタンスのドメイン名で更新する代わりに、CNAME リソースレコードセットで DB インスタンスのドメイン名を変更するだけでかまいません。

注記

ドメイン名を Amazon RDS DB インスタンスに関連付けるには、CNAME リソースレコードセットを使用する必要があります。Amazon Route 53 では、この目的で他のタイプのリソースレコードセットを使用することはできません。詳細については、「リソースレコードセットの使用」を参照してください。

前提条件

開始する前に、以下のものが必要です。

  • Amazon RDS DB インスタンス。

  • 登録済みドメイン名 (ドメインレジストラとして Amazon Route 53 を使用する必要はありません)。

  • ドメインの DNS サービスとしての Amazon Route 53。このトピックの手順を使用するには、Amazon Route 53 が DNS サービスプロバイダーでなければなりませんが、別の DNS サービスプロバイダーを使用する CNAME リソースレコードセットを作成することもできます。

    詳細については、「DNS サービスとして Amazon Route 53 を設定」を参照してください。

ドメイン名を使用した接続の開始を可能にする Amazon Route 53 の設定

ドメイン名を使用して Amazon RDS データベースインスタンスへの接続を開始できるように Amazon Route 53 を設定するには、以下の手順を実行します。まず、DB インスタンスに関連付けられたドメイン名を取得し、次にドメイン名を DB インスタンスのドメイン名にマッピングする CNAME リソースレコードセットを作成します。

Amazon RDS DB インスタンスのドメイン名の取得

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. コンソールの右上隅のリージョンリストで、接続を開始する DB インスタンスを作成したリージョンに変更します。

  3. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  4. 表で、接続を開始する DB インスタンスを展開します。

  5. [Endpoint] の値を取得します。

CNAME リソースレコードセットの作成

  1. https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted Zones] を選択します。

  3. DB インスタンスへの接続の開始に使用するドメイン名があるホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create Record Set] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    名前

    DB インスタンスへの接続の開始に使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    たとえば、ホストゾーンの名前が example.com であり、acme.example.com を使用して DB インスタンスへの接続を開始する場合、「acme」と入力します。

    重要

    ホストゾーンと同じ名前を持つ CNAME レコードを作成することはできません。

    タイプ

    [CNAME – Canonical name] を選択します。

    エイリアス

    [No] を選択します。

    TTL (Seconds)

    デフォルト値の [300] をそのまま使用します。

    接続を開始する DB インスタンスのドメイン名を入力します。これは、「Amazon RDS DB インスタンスのドメイン名の取得」の手順を実行したときに取得した値です。

    ルーティングポリシー

    デフォルト値の [Simple] をそのまま使用します。

  6. [Create] を選択します。

    通常、変更は 2~3 分以内にすべての Amazon Route 53 サーバーに伝達されます。まれに、プロパゲートするのに最大で 30 分ほどかかることがあります。プロパゲートが完了すると、この手順で作成した CNAME リソースレコードセットの名前を使用して DB インスタンスへの接続を開始できるようになります。