メニュー
AWS Schema Conversion Tool
ユーザーガイド (Version 1.0)

AWS Schema Conversion Tool とは

AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用すると、データベースエンジン間で既存のデータベーススキーマを変換できます。リレーショナル OLTP スキーマやデータウェアハウススキーマを変換できます。変換されたスキーマは Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) MySQL DB インスタンス、Amazon Aurora DB クラスター、Amazon RDS PostgreSQL DB インスタンス、または Amazon Redshift クラスターに適しています。

AWS SCT は、Amazon S3 バケットや AWS の他のリソースに接続する際に、連邦情報処理標準 (FIPS) など、いくつかの業界標準をサポートします。また、AWS SCT は、米国連邦政府のリスク・認証管理プログラム (FedRAMP) にも準拠しています。AWS リソースにアクセスする際の FIPS の詳しい使用方法については、以下を参照してください。

AWS SCT では、以下の OLTP 変換がサポートされています。

ソースデータベース Amazon RDS のターゲットデータベース

Microsoft SQL Server (バージョン 2008 以降)

Amazon Aurora (MySQL または PostgreSQL)、MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server

MySQL (バージョン 5.5 以降)

Amazon Aurora (PostgreSQL)、MySQL、PostgreSQL

AWS SCT を使用せずに、MySQL から Amazon Aurora (MySQL) DB クラスターにスキーマとデータを移行できます。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターへのデータの移行」を参照してください。

Oracle (バージョン 10.2 以降)

Amazon Aurora (MySQL または PostgreSQL)、MySQL、Oracle、PostgreSQL

PostgreSQL (バージョン 9.1 以降)

Amazon Aurora (MySQL)、MySQL、PostgreSQL

AWS SCT では、以下のデータウェアハウスの変換がサポートされています。

ソースデータベース Amazon Redshift のターゲットデータベース

Greenplum データベース (バージョン 4.3 以降)

Amazon Redshift

Microsoft SQL Server (バージョン 2008 以降)

Amazon Redshift

Netezza (バージョン 7.0.3 以降)

Amazon Redshift

Oracle (バージョン 10 以降)

Amazon Redshift

Teradata (バージョン 13 以降)

Amazon Redshift

Vertica (バージョン 7.2.2 以降)

Amazon Redshift

スキーマの変換

AWS SCT には、ソースデータベースのデータベーススキーマをターゲット Amazon RDS インスタンスと互換性のある形式に自動変換するための、プロジェクトベースのユーザーインターフェイスが用意されています。ソースデータベースのスキーマを自動変換できない場合、AWS SCT では、ターゲット Amazon RDS データベースで同等のスキーマを作成する方法についてのガイダンスが表示されます。

AWS SCT をインストールする方法の詳細については、「AWS Schema Conversion Tool のインストール、検証、更新」を参照してください。

AWS SCT を開始し、最初のプロジェクトを作成するには、「AWS Schema Conversion Tool の使用を開始する」を参照してください。

スキーマの変換を開始するには、「AWS Schema Conversion Tool を使用してデータベーススキーマを Amazon RDS に変換します」または「データウェアハウススキーマを AWS Schema Conversion Tool を使用して、Amazon Redshift に変換します」を参照してください。

AWS Schema Conversion Tool の追加機能

AWS SCT には、1 つのデータベースエンジンから別のデータベースエンジンに既存のデータベーススキーマを変換する以外にも、データやアプリケーションをクラウドに移動するのに役立つ追加機能があります。

  • データ抽出エージェントを使用して、Amazon Redshift への移行を準備するためにデータウェアハウスからデータを抽出できます。データ抽出エージェントを管理するには、AWS SCT を使用できます。詳細については、「データ抽出エージェントの使用」を参照してください。

  • また、AWS SCT を使用して、同エンジンを実行する Amazon RDS DB インスタンスに既存のオンプレミスのデータベーススキーマをコピーすることもできます。この機能を使用して、クラウドへの移動やライセンスタイプの変更にかかるコスト削減の可能性を分析できます。

お客様からのフィードバックを提供

AWS Schema Conversion Tool に関するフィードバックを提供できます。バグレポートの提出、機能リクエストの提出、一般情報の提供ができます。

AWS SCT に関するフィードバックを提供します。

  1. AWS Schema Conversion Tool を開始します。

  2. [Help] メニューを開き、[Leave Feedback] を選択します。[Leave Feedback] ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Area] で、[Information]、[Bug report]、または [Feature request] を選択します。

  4. [Source database] で、ソースデータベースを選択します。フィードバックが特定のデータベースに特有でない場合、[Any] を選択します。

  5. [Target database] で、ターゲットデータベースを選択します。フィードバックが特定のデータベースに特有でない場合、[Any] を選択します。

  6. [Title] で、フィードバックのタイトルを入力します。

  7. [Message] で、フィードバックを入力します。

  8. [Send] を選択して、フィードバックを送信します。