Apache Cassandra からAmazon DynamoDB にデータを移行する - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Apache Cassandra からAmazon DynamoDB にデータを移行する

次を使用できます。AWS SCTApache Cassandra からデータを抽出し、Amazon DynamoDB に移行するためのデータ抽出エージェント。このエージェントは Amazon EC2 インスタンスで実行されます。このインスタンスでは、Cassandra からデータを抽出し、ローカルファイルシステムに書き込み、Amazon S3 バケットにそのデータをアップロードします。次を使用できます。AWS SCTをクリックして、データを DynamoDB にコピーします。

Amazon DynamoDB は、NoSQL データベースサービスです。DynamoDB にデータを保存するには、データベーステーブルを作成し、データをそのテーブルにアップロードします。-AWS SCTCassandra で抽出エージェントを使用すると、Cassandra のテーブルに相当する DynamoDB テーブルを作成し、これらの DynamoDB テーブルを Cassandra のデータに追加するプロセスを自動化することができます。

データを抽出するプロセスでは、Cassandra クラスターに対してかなりのオーバーヘッドが加わることがあります。そのため、Cassandra の本番稼働用データに対して、この抽出エージェントを直接実行しないでください。本番アプリケーションとの干渉を避けるため、AWS SCT作成を支援しますデータセンターのクローン— DynamoDB に移行する Cassandra データのスタンドアロンコピー。これで、エージェントを使用して、このクローンのデータを読み取り、本番稼働用アプリケーションに支障をきたすことなく、AWS SCT でこのデータを利用することができます。

データ抽出エージェントを実行すると、クローンデータセンターからデータを読み取り、Amazon S3 バケットにそのデータを書き込みます。AWS SCT次に、Amazon S3 からデータを読み取り、DynamoDB にそのデータを書き込みます。

次の図は、サポートされるシナリオを示しています。


            抽出エージェントのアーキテクチャ

Cassandra を初めて使用する場合は、以下の重要な用語を確認してください。

  • ノードは、Cassandra ソフトウェアを実行する単一のコンピュータ (物理または仮想) です。

  • サーバーは、最大 256 個のノードで構成される論理エンティティです。

  • ラックは、1 つ以上のサーバーを表します。

  • あるデータセンターラックのコレクションです。

  • クラスターは、データセンターのコレクションです。

詳細については、Apache Cassandra に関する「Wikipedia のページ」を参照してください。

Apache Cassandra から DynamoDB にデータを移行する方法については、以下のトピックを参照してください。

Cassandra から DynamoDB に移行するための前提条件

このセクションで説明されているように、開始する前に、移行前のタスクをいくつか行う必要があります。

サポートされている Cassandra のバージョン

AWS SCT では、現在以下の Apache Cassandra バージョンをサポートしています。

  • 3.11.2

  • 3.1.1

  • 3.0

  • 2.1.20

Cassandra のその他のバージョンはサポートされていません。

Amazon S3 の設定

[]AWS SCTデータ抽出エージェントが実行され、クローンデータセンターからデータを読み取り、Amazon S3 バケットにそのデータを書き込みます。続行する前に、に接続するための認証情報を提供する必要があります。AWSアカウントと Amazon S3 バケット。認証情報とバケット情報はグローバルアプリケーション設定のプロファイルに保存してから、AWS SCT プロジェクトに関連付けます。必要に応じて、[Global Settings] を選択して、新しいプロファイルを作成します。詳細については、「保存AWSのサービスプロファイルAWS SCT」を参照してください。

Amazon EC2 インスタンスのクローンデータセンター

移行プロセスの一環として、既存の Cassandra データセンターのクローンを作成する必要があります。このクローンは、事前にプロビジョニングした Amazon EC2 インスタンスで実行されます。既存の Cassandra データセンターとは別にクローンデータセンターをホスティングする場合は、このインスタンスで、スタンドアロンの Cassandra インストールが実行されます。

新しい Amazon EC2 インスタンスは、次の要件を満たしている必要があります。

  • オペレーティングシステム: Ubuntu または CentOS のいずれか。

  • Java JDK 8 がインストールされていること。(他のバージョンはサポートされていません。)

新しいインスタンスを起動するには、で Amazon EC2 マネジメントコンソールに移動します。https://console.aws.amazon.com/ec2/

セキュリティ設定

AWS SCT は、Secure Sockets Layer (SSL) を使用してデータ抽出エージェントと通信します。SSL を有効にするには、信頼ストアとキーストアを設定します。

  1. AWS SCT を起動します。

  2. から設定メニューで、[] を選択します。グローバル設定

  3. 次に示されているように、[Security] タブを選択します。

    
                            [Global Settings] ダイアログボックスの [Security] タブ
  4. [Generate Trust and Key Store] または [Select existing Trust and Key Store] を選択します。

    [Generate Trust and Key Store] を選択した場合、信頼ストアとキーストアの名前とパスワードおよび生成されたファイルの場所へのパスを指定します。これらのファイルは、後のステップで使用します。

    [Select existing Trust and Key Store] を選択した場合、信頼ストアおよびキーストアのパスワードとファイル名を指定します。これらのファイルは、後のステップで使用します。

  5. 信頼ストアおよびキーストアを指定した後で、[OK] を選択し、[Global Settings] ダイアログボックスを閉じます。

新しい を作成するAWS SCT事業

Cassandra から DynamoDB に移行するための前提条件」のステップを実行したら、AWS SCT の新規プロジェクトを作成して移行することができます。以下のステップに従ってください。

新しいを作成するにはAWS SCTApache Cassandra をソースに、DynamoDB をターゲットとして使用するプロジェクト

  1. 左AWS SCTで、ソースの追加

  2. 選択Cassandra[] の順に選択します。

    -ソースの追加ダイアログボックスが表示されます。

  3. Apache Cassandra ソースデータベースの接続情報を提供します。以下の表の手順を使用してください。

    このパラメータの場合 操作
    接続名 データベースの名前を入力します。AWS SCTこの名前が左側のパネルのツリーに表示されます。
    サーバー名

    ソースデータベースサーバーのドメインネームサービス (DNS) 名または IP アドレスを入力します。

    Server port

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するポートを入力します。

    User namePassword

    ソースデータベースサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

    AWS SCTで、パスワードを使用してソースデータベースに接続するのは、プロジェクト内のデータベースへの接続を選択するときのみです。ソースデータベースのパスワードの漏洩を防ぐため、AWS SCTデフォルトでは、パスワードは保存されません。AWS SCT プロジェクトを閉じて再び開いた場合は、必要に応じて、ソースデータベースへの接続に使用するパスワードの入力を求められます。

    SSL の使用

    データベースへの接続に Secure Sockets Layer (SSL) を使用する場合は、このオプションを選択します。[SSL] タブで、必要に応じて、以下の追加情報を提供します。

    • 信頼ストア: 使用するトラストストア。

    • キーストア: 使用するキーストア。

    ストアパスワード

    AWS SCT は、安全なボールトを作成して、SSL 証明書とデータベースパスワードを保存します。このオプションをオンにすると、データベースのパスワードが保存されるため、パスワードを入力しなくてもデータベースにすばやく接続できます。

  4. 選択接続のテストになっていることを確認します。AWS SCTでは、ソースデータベースに接続できます。

  5. 選択接続をクリックして、ソースデータベースに接続します。

  6. 左AWS SCTで、ターゲットの追加

  7. 選択Amazon DynamoDB[] の順に選択します。

    -ターゲットの追加ダイアログボックスが表示されます。

  8. DynamoDB ターゲットデータベースの接続情報を提供します。以下の表の手順を使用してください。

    このパラメータの場合 操作
    接続名 データベースの名前を入力します。AWS SCTこの名前を右側のパネルのツリーに表示します。

    からの COPYAWSプロフィール

    すでにセットアップしている場合AWS認証情報を使用して、既存のプロファイルの名前を選択します。

    AWSアクセスキー

    [] を入力します。AWSアクセスキー。

    AWSシークレットキー

    「」に関連付けられているシークレットキーを入力します。AWSアクセスキー。

    Region

    [] を選択します。AWS リージョン。AWS SCTによって、そのリージョンの DynamoDB にデータが移行されます。
  9. 選択接続のテストになっていることを確認します。AWS SCTでは、ターゲットデータベースに接続できます。

  10. 選択接続をクリックして、ターゲットデータベースに接続します。

  11. Apache Cassandra ソースデータベースとターゲット DynamoDB データベースを含むソースとターゲットのペアを記述する新しいマッピングルールを作成します。詳細については、「新しいマッピングルールの追加」を参照してください。

クローンデータセンターを作成する

Cassandra クラスターを使用する本番稼働用アプリケーションに支障をきたさないように、AWS SCTによって、クローンのデータセンターが作成され、本番稼働用データがコピーされます。クローン・データ・センターはステージング領域として機能するため、AWS SCTでは、本番稼働用データセンターではなく、クローンを使用して移行アクティビティを実行できます。

クローン作成プロセスを開始するには、次の手順を実行します。

  1. 左AWS SCTウィンドウの左側 (source) で、[データセンターノードを選択し、既存の Cassandra データセンターの 1 つを選択します。

  2. [アクション] メニューから、[Clone Datacenter for Extract] を選択します。

  3. 最初の説明を読み、[Next (次へ)] を選択して進みます。

  4. [Clone Datacenter for Extract] ウィンドウで、以下の情報を入力します。

    このパラメータの場合 操作

    プライベート IP: SSH ポート

    Cassandra クラスター内の任意のノードのプライベート IP アドレスと SSH ポートを入力します。例: 172.28.37.102:22

    パブリック IP: SSH ポート

    ノードのパブリック IP アドレスおよび SSH ポートを入力します。例: 41.184.48.27:22

    OS ユーザー

    ノードへの接続に使用する有効なユーザー名を入力します。

    OS パスワード

    ユーザー名に関連付けられているパスワードを入力します。

    キーパス

    このノードの SSH プライベートキー (.pem ファイル) がある場合は、[Browse (参照)] を選択して、プライベートキーが保存されている場所に移動します。

    パスフレーズ

    SSH プライベートキーがパスフレーズで保護されている場合は、ここで入力します。

    JMX ユーザー

    JMX ユーザー名を入力して、Cassandra クラスターにアクセスします。

    JMX パスワード

    JMX ユーザーに関連付けられているパスワードを入力します。

    続行するには、[Next (次へ)] を入力します。AWS SCT は Cassandra ノードに接続され、nodetool status コマンドを実行します。

  5. [Source Cluster Parameters (ソースクラスターパラメータ)] ウィンドウで、デフォルト値を承認後、[Next (次へ)] を選択して進みます。

  6. [ノードパラメータ] ウィンドウで、ソースクラスターのすべてのノードの接続詳細を確認します。これらの詳細の一部は、AWS SCT によって自動的に入力されます。ただし、情報が入力されていない場合は入力する必要があります。

    注記

    ここで、データを入力せずに、一括アップロードすることができます。そのためには、[エクスポート] を選択して、.csv ファイルを作成します。これで、このファイルを編集することができます。クラスターのノードごとに新しい行を追加します。追加したら、[アップロード] を選択します。AWS SCT はこの .csv ファイルを読み取り、このファイルを使用して [ノードパラメータ] ウィンドウに追加します。

    [次へ] を選択して次に進みます。AWS SCT によって、ノード設定が有効であることが確認されます。

  7. [Configure Target Datacenter (ターゲットデータセンターの設定)] ウィンドウで、デフォルト値を確認します。特に、データセンターのサフィックスfield: メトリックAWS SCTによってクローンデータセンターが作成されます。このデータセンターの名前は、ソースデータセンターと同様に付けられますが、指定したサフィックスが付与されます。たとえば、ソースデータセンターに名前が付けられているとします。my_datacenterの接尾辞_tgtクローンの名前が付けられるだろうmy_datacenter_tgt

  8. [Configure Target Datacenter (ターゲットデータセンターの設定)] ウィンドウが表示されている場合は、[Add new node (新しいノードの追加)] を選択します。

  9. Add New ノードウィンドウで、「」で作成した Amazon EC2 インスタンスへの接続に必要な情報を追加します。Amazon EC2 インスタンスのクローンデータセンター

    すべての設定が正しいことを確認したら、[Add (追加)] を選択します。ノードがリストに表示されます。

  10. [Next] (次へ) を選択して続行します。以下の確認ボックスが表示されます。

    選択OKをクリックして操作を続けます。AWS SCTソースデータセンターを 1 つのノードずつ再起動します。

  11. [Datacenter Synchronization (データセンターの同期)] ウィンドウで、情報を確認します。クラスターで Cassandra バージョン 2 が実行されている場合は、AWS SCTによって、データがすべて、クローンデータセンターにコピーされます。クラスターで Cassandra バージョン 3 が実行されている場合は、クローンのデータセンターにコピーするキースペースを選択します。

  12. データをクローンのデータセンターにレプリケーションする準備ができたら、を起動

    データのレプリケーションは直ちに開始されます。レプリケーションプロセスをモニタリングできるように、AWS SCT には進行状況バーが表示されます。ソースのデータセンターにあるデータ量によって、レプリケーションに時間がかかることがあります。完了する前に、このオペレーションをキャンセルする必要がある場合は、[キャンセル] を選択します。

    レプリケーションが完了したら、[Next (次へ)] をクリックして進みます。

  13. AWS SCT の [Summary (概要)] ウィンドウに、Cassandra クラスターの状態を示すレポートと、次のステップが表示されます。

    このレポートの情報を確認し、[Finish (完了)] を選択してウィザードを終了します。

データ抽出エージェントのインストール、構成、および実行

データセンターのクローンが作成されたら、「」の使用を開始できます。AWS SCTCassandra のデータ抽出エージェント。このエージェントは AWS SCT ディストリビューションの一部として使用できます (詳細については、「AWS SCT のインストール、検証、更新」を参照)。

注記

Amazon EC2 インスタンスでエージェントを実行することをお勧めします。Amazon EC2 インスタンスは、次の要件を満たしている必要があります。

  • オペレーティングシステム: Ubuntu または CentOS のいずれか。

  • 8 個 (またはそれ以上) の 仮想 CPU。

  • 16 GB 以上の RAM。

これらの要件を満たす Amazon EC2 インスタンスをまだ持っていない場合は、Amazon EC2 マネジメントコンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を選択し、新しいインスタンスを起動してから次に進みます。

Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントをインストール、設定、および実行するには、この手順を実行します。

  1. Amazon EC2 インスタンスにログインします。

  2. Java 1.8.x がインストールされていることを確認します。

    java -version
  3. sshfs パッケージをインストールします。

    sudo yum install sshfs
  4. expect パッケージをインストールします。

    sudo yum install expect
  5. /etc/fuse.conf ファイルを編集し、文字列 user_allow_other をコメント解除します。

    # mount_max = 1000 user_allow_other
  6. Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントは、AWS SCT ディストリビューションの一部として使用することができます (詳細については、「AWS SCT のインストール、検証、更新」を参照)。このエージェントは、agents ディレクトリの、AWS SCT インストーラファイルを含む .zip ファイルにあります。次のビルドのエージェントを使用できます。

    ファイル名 オペレーティングシステム

    aws-cassandra-extractor-n.n.n.deb

    Ubuntu

    aws-cassandra-extractor-n.n.n.x86_64.rpm

    CentOS

    Amazon EC2 インスタンスに適したファイルを選択します。scp ユーティリティを使用して、Amazon EC2 インスタンスにそのファイルをアップロードします。

  7. Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントをインストールします。(n.n.n をビルド番号に置き換えます。)

    • Ubuntu の場合:

      sudo dpkg -i aws-cassandra-extractor-n.n.n.deb
    • CentOS の場合:

      sudo yum install aws-cassandra-extractor-n.n.n.x86_64.rpm

    インストールプロセス中、使用する Cassandra バージョンを選択するよう求められます。必要に応じて、3 または 2 を選択します。

  8. インストールが完了したら、以下のディレクトリが正常に作成されたことを確認します。

    • /var/log/cassandra-data-extractor/—抽出エージェントログ。

    • /mnt/cassandra-data-extractor/—ホームフォルダおよびデータフォルダのマウント。

    • /etc/cassandra-data-extractor/— エージェント設定ファイル (agent-settings.yaml).

  9. このエージェントを使用して AWS SCT と通信できるように、キーストアと信頼ストアを利用できるようにします。(セキュリティ設定 で作成済み。) を使用するscpAmazon EC2 インスタンスにこれらのファイルをアップロードするためのユーティリティ。

    設定ユーティリティ (次のステップ参照) を使用するには、キーストアと信頼ストアを指定する必要があるため、使用できるようにする必要があります。

  10. 設定ユーティリティを実行します。

    sudo java -jar /usr/share/aws-cassandra-extractor/aws-cassandra-extractor.jar --configure

    このユーティリティより、複数の設定値を指定するよう求められます。次の例をガイドとして使用することができます。値は実際の値に置き換えます。

    Enter the number of data providers nodes [1]: 1 Enter IP for Cassandra node 1: 34.220.73.140 Enter SSH port for Cassandra node <34.220.73.140> [22]: 22 Enter SSH login for Cassandra node <34.220.73.140> : centos Enter SSH password for Cassandra node <34.220.73.140> (optional): Is the connection to the node using a SSH private key? Y/N [N] : Y Enter the path to the private SSH key for Cassandra node <34.220.73.140>: /home/centos/my-ec2-private-key.pem Enter passphrase for SSH private key for Cassandra node <34.220.73.140> (optional): Enter the path to the cassandra.yaml file location on the node <34.220.73.140>: /etc/cassandra/conf/ Enter the path to the Cassandra data directories on the node <34.220.73.140>: /u01/cassandra/data ===== Mounting process started ===== Node [34.220.73.140] mounting started. Will be executed command: sudo sshfs ubuntu@34.220.73.140:/etc/cassandra/ /mnt/aws-cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/conf/ -p 22 -o allow_other -o StrictHostKeyChecking=no -o IdentityFile=/home/ubuntu/dbbest-ec2-oregon_s.pem > /var/log/aws-cassandra-data-extractor/dmt-cassandra-v3/conf_34.220.73.140.log 2>&1 Will be executed command: sudo sshfs ubuntu@34.220.73.140:/u01/cassandra/data/ /mnt/aws-cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/data/data -p 22 -o allow_other -o StrictHostKeyChecking=no -o IdentityFile=/home/ubuntu/dbbest-ec2-oregon_s.pem > /var/log/aws-cassandra-data-extractor/dmt-cassandra-v3/data_34.220.73.140.log 2>&1 ===== Mounting process was over ===== Enable SSL communication Y/N [N] : Y Path to key store: /home/centos/Cassandra_key Key store password:123456 Re-enter the key store password:123456 Path to trust store: /home/centos/Cassandra_trust Trust store password:123456 Re-enter the trust store password:123456 Enter the path to the output local folder: /home/centos/out_data === Configuration aws-agent-settings.yaml successful completed === If you want to add new nodes or change it parameters, you should edit the configuration file /etc/aws-cassandra-data-extractor/dmt-cassandra-v3/aws-agent-settings.yaml
    注記

    設定ユーティリティが完了したら、次のメッセージが表示されることがあります。

    Change the SSH private keys permission to 600 to secure them. You can also set permissions to 400.

    アクセス許可を変更するには、この例のように、chmod コマンドを使用します。

    chmod 400 /home/centos/my-ec2-private-key.pem
  11. 設定ユーティリティが設定したら、次のディレクトリとファイルを確認します。

    • /etc/cassandra-data-extractor/agent-settings.yaml— エージェントの設定ファイル。

    • $HOME/out_data—抽出の出力ファイルのディレクトリ。

    • /mnt/cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/conf—空の Cassandra ホームフォルダ。(34.220.73.140 を実際の IP アドレスに置き換えます。)

    • /mnt/cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/data/data—空の Cassandra データファイル。(34.220.73.140 を実際の IP アドレスに置き換えます。)

    これらのディレクトリがマウントされていない場合は、次のコマンドを使用してマウントすることができます。

    sudo java -jar /usr/share/aws-cassandra-extractor/aws-cassandra-extractor.jar -mnt
  12. Cassandra のホームディレクトリおよびデータディレクトリをマウントします。

    sudo java -jusr/share/cassandra-extractor/rest-extraction-service.jar -mnt

    マウンティングプロセスが完了したら、以下の例のように、Cassandra ホームフォルダおよび Cassandra データファイルディレクトリを確認します。(34.220.73.140 を実際の IP アドレスに置き換えます。)

    ls -l /mnt/cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/conf ls -l /mnt/cassandra-data-extractor/34.220.73.140_node/data/data
  13. Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントを起動します。

    sudo systemctl start aws-cassandra-extractor
    注記

    デフォルトでは、エージェントはポート 8080 で実行されます。このポートを実行するには、agent-settings.yaml ファイルを編集します。

クローンデータセンターから Amazon DynamoDB にデータを移行する

これで、クローンデータセンターから Amazon DynamoDB への移行を実行する準備ができました。AWS SCT。AWS SCTでワークフローを管理するAWS SCTCassandra のデータ抽出エージェント、AWS Database Migration Service(AWS DMS)、および DynamoDB 移行プロセスは、AWS SCTインターフェイス、AWS SCTは、ユーザーに代わってすべての外部コンポーネントを管理します。

データを移行するには、この手順に従って行います。

データをクローンデータセンターから DynamoDB に移行するには

  1. [View (ビュー)] メニューから、[Data migration view (データ移行ビュー)] を選択します。

  2. [Agents (エージェント)] タブを選択します。

  3. AWS SCT データ抽出エージェントに登録していない場合は、次のメッセージが表示されます。

    [Register] (登録) を選択します。

  4. [New agent registration (新しいエージェントの登録)] ウィンドウで、次の情報を追加します。

    このパラメータの場合 操作

    説明

    このエージェントの説明を入力します。

    ホスト名

    「」で使用した Amazon EC2 インスタンスのホスト名を入力します。データ抽出エージェントのインストール、構成、および実行

    ポート

    エージェントのポート番号を入力します。(デフォルトのポート番号は 8080 です。)

    パスワード

    SSL を使用している場合、このフィールドは空白のままにします。使用していない場合は、ホストにログ記録するためのパスワードを入力します。

    SSL の使用

    SSL を使用している場合は、このオプションを選択して、[SSL] タブを有効化します。

    SSL を使用している場合は、[SSL] タブを選択して、次の情報を追加します。

    このパラメータの場合 操作

    信頼ストア

    データ抽出エージェントのインストール、構成、および実行」で設定した信頼ストアを選択します。

    キーストア

    データ抽出エージェントのインストール、構成、および実行」で設定したキーストアを選択します。

    設定が正しければ、[登録] を選択します。AWS SCT は、Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントを使用して接続を試みます。

  5. 左側に配置されています。AWS SCTウィンドウで、「」で作成した Cassandra データセンターを選択します。クローンデータセンターを作成する

  6. [Actions (アクション)] メニューから、[Create Local & DMS Task] を選択します。

  7. [Create Local & DMS Task] ウィンドウで、次の情報を入力します。

    このパラメータの場合 操作

    タスク名

    作成する AWS DMS タスクの短縮名を入力します。

    レプリケーションインスタンス

    使用する AWS DMS レプリケーションインスタンスを選択します。

    移行タイプ

    [Migrate existing data and replication ongoing changes] を選択します。これにより、Cassandra クローンデータセンター内のテーブルが DynamoDB に移行され、進行中のすべての変更がキャプチャされます。AWS DMS では、このプロセスは全ロードおよび CDC と呼ばれます。

    ターゲットテーブル作成モード

    DynamoDB に対応するテーブルが既に存在し、移行前に削除する場合は、ターゲット上のテーブルを削除。それ以外の場合は、設定をデフォルト値 (Do nothing (何もしない)) のままにしておきます。

    IAM ロール

    Amazon S3 バケットおよびターゲットデータベース (Amazon DynamoDB) にアクセスするためのアクセス許可がある、事前定義済みの IAM ロールを選択します。Amazon S3 バケットにアクセスするために必要なアクセス権限の詳細については、「Amazon S3 の設定」を参照してください。

    ログ記録レベル

    移行タスクに適切なログ記録レベルを選択します。

    説明

    タスクの説明を入力します。

    データの暗号化

    [Enable (有効)] または [Disable (無効)] を選択します。

    ローカルディレクトリからファイルを削除

    ファイルを Amazon S3 にロードしたら、このオプションを選択して、エージェントのローカルディレクトリからデータファイルを削除します。

    S3 バケット

    書き込み権限がある Amazon S3 バケットの名前を入力します。

    すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。

  8. [タスク] タブを選択します。ここに、作成したタスクが表示されます。タスクを開始するには、[開始] を選択します。

    次のスクリーンショットに示すように、タスクの進行状況をモニタリングすることができます。

移行後のアクティビティ

移行が終了し、移行タスクを削除する場合には、次の操作を行います。

  1. [Tasks] タブを選択します。

  2. タスクが現在実行中の場合には、[Stop (停止)] を選択します。

  3. タスクを削除するには、[Delete (削除)] を選択します。

Cassandra の AWS SCT データ抽出エージェントを使用する必要がなくなったら、次の操作を行います。

  1. [Agents (エージェント)] タブを選択します。

  2. 不要になったエージェントを選択します。

  3. [Unregister (登録解除)] を選択します。