SecretsManagerSecretConfiguration - アクセスアナライザー

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

SecretsManagerSecretConfiguration

Secrets Manager シークレットの設定。詳細については、「CreateSecret」を参照してください。

シークレットポリシーとオプションの KMS 暗号化キーを指定することで、所有する新しいシークレットまたは既存のシークレットの設定を提供できます。設定が既存のシークレット用であり、シークレットポリシーを指定しない場合、アクセスプレビューではシークレットの既存のポリシーが使用されます。アクセスプレビューが新しいリソース用であり、ポリシーを指定しない場合、アクセスプレビューではポリシーのないシークレットとみなされます。既存のポリシーの削除を提案するには、空の文字列を指定できます。提案された設定が新しいシークレット用であり、KMS キー ID を指定しない場合、アクセスプレビューでは AWS アカウントのデフォルト CMK が使用されます。KMS キー ID に空の文字列を指定すると、アクセスプレビューでは AWS アカウントのデフォルト CMK が使用されます。シークレットポリシーの制限の詳細については、「AWS AWS Secrets Manager のクォータ」を参照してください。

Contents

kmsKeyId

提案された ARN、キー ID、または AWS KMS カスタマーマスターキー(CMK)のエイリアス。

型: 文字列

必須: いいえ

secretPolicy

シークレットにアクセスまたは管理できるユーザーを定義するリソースポリシー案。

型: 文字列

必須: いいえ

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。