でサポートされているリージョン - AWS Certificate Manager

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

でサポートされているリージョン

AWSの「AWS General Reference リージョンとエンドポイント」、または「AWS リージョン表」で ACM. を利用できるリージョンを参照してください。

ACM の証明書はリージョナルリソースです。同じ完全修飾ドメイン名 (FQDN) または複数の Elastic Load Balancing リージョンにある FQDNs のセットに対して AWS で証明書を使用するには、リージョンごとに証明書をリクエストまたはインポートする必要があります。ACM が提供する証明書においては、これは、リージョンごとに証明書の各ドメイン名を取得する必要があることを意味します。リージョン間で証明書をコピーすることはできません。

ACM で Amazon CloudFront 証明書を使用するには、米国東部(バージニア北部) リージョンで証明書をリクエストまたはインポートする必要があります。ACM ディストリビューションに関連づけられたこのリージョンの CloudFront 証明書は、このディストリビューションに設定されたすべての地域に分配されます。