DNS によって検証された ドメインの更新 - AWS Certificate Manager

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

DNS によって検証された ドメインの更新

マネージド型更新は、ACMDNS 検証を使用して最初に発行された 証明書に対して完全に自動化されます。

有効期限が切れる 60 日前に、ACM は更新条件を確認します。

  • 証明書は現在 AWS サービスにより使用されています。

  • apex ドメインの有効な DNS レコードが存在します。

  • 必要な CNAME トークンが存在し、DNS レコードでアクセスできます。

  • 証明書に名前がある各ドメインとサブドメインが DNS レコードに存在します。

これらの基準がすべて満たされると、ACM はドメイン名が検証されたと見なし、証明書を更新します。

によって自動的にドメイン名が検証できない場合には、ドメインの検証と証明書の更新を完了するために必要な手動アクションが必要であることがドメイン所有者に通知します。ACMこれらの通知は、有効期限切れの 1 日前に 45 日、30 日、7 日、および送信されます。自動検証が失敗する最も一般的な原因は、必要な CNAME が誤って変更または削除されていることです。