ACM によって管理される証明書の削除 - AWS Certificate Manager

ACM によって管理される証明書の削除

ACM コンソールまたは AWS CLI を使用して、証明書を削除できます。

重要

プライベート認証機関 (CA) によって発行された証明書を削除しても、CA には影響しません。CA が削除されるまで課金され続けます。詳細については、AWS Private Certificate Authority ユーザーガイドの「Deleting Your Private CA」(プライベート CA の削除) を参照してください。

別の AWS サービスで使用されている ACM 証明書は削除できません。使用中の証明書を削除するには、まず証明書の関連付けを削除する必要があります。これは、関連付けられたサービスのコンソールまたは CLI を使用して行われます。

次のコンソールを使用して証明書を削除するには:

  1. ACM コンソール (https://console.aws.amazon.com/acm/) を開きます。

  2. 証明書のリストで、ACM 証明書のチェックボックスをオンにして [Delete] (削除) を選択します。

    注記

    リストの配列方法によっては、探している証明書がすぐには表示されない場合があります。右側の黒い三角形をクリックすると、配列を変更できます。また、右上のページ番号を使用して、証明書の複数のページを検索することもできます。

次を使用して証明書を削除するには:AWS CLI

次のコマンドに示すように、証明書の削除コマンドを使用して証明書を削除します。

$ aws acm delete-certificate --certificate-arn arn:aws:acm:region:account:certificate/certificate_ID