AWS Certificate Manager 証明書のタグ付け - AWS Certificate Manager

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Certificate Manager 証明書のタグ付け

タグとは、ACM 証明書に割り当てることができるラベルです。各タグは、キーから構成されます。AWS Certificate Manager コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または ACM API を使用して、ACM 証明書のタグを追加、表示、または削除します。ACM コンソールに表示するタグを選択することができます。

必要に応じたカスタムタグを作成できます。たとえば、各 ACM 証明書が目的とする環境を識別するために、複数の Environment = Prod 証明書に Environment = Beta や ACM をタグ付けすることができます。次のリストでは、その他のカスタムタグの例をいくつか追加しています。

  • Admin = Alice

  • Purpose = Website

  • Protocol = TLS

  • Registrar = Route53

その他の AWS リソースもタグ付けをサポートしています。こうして同じタグを別々のリソースに割り当てることができ、これらのリソースが関連付けられることを示します。たとえば、Website = example.com 証明書、ロードバランサー、そして example.com ウェブサイトで使用されるその他のリソースに ACM のようなタグを割り当てることができます。