ブローカー設定の編集と設定のリビジョンの管理ActiveMQ - Amazon MQ

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ブローカー設定の編集と設定のリビジョンの管理ActiveMQ

設定には、ActiveMQ ブローカーのすべての設定が XML 形式で含まれています (ActiveMQ の activemq.xml ファイルに似ています)。 You can apply a configuration immediately or during a メンテナンスウィンドウ.

注記

For an active/standby broker, if one of the broker instances undergoes maintenance, 非アクティブなインスタンスのサービスを停止するには、Amazon MQ が少しかかります。これにより、正常なスタンバイインスタンスがアクティブになり、受信中の通​​信の受け入れを開始できます。

設定に加えた変更を追跡するために、設定のリビジョンを作成できます。

詳細については、以下を参照してください。

次の例では、AWS マネジメントコンソール を使用した Amazon MQ ブローカー設定の編集方法およびブローカー設定のリビジョンの管理方法を示します。

以前の設定のリビジョンを表示するには

  1. Amazon MQ コンソールにサインインします。

  2. ブローカーのリストから、ブローカー (MyBroker など) を選択し、[Edit] を選択します。

  3. [Edit MyBroker] ページの [Configuration (設定)] セクションで、[Configuration (設定)] と [Revision (リビジョン)] を選択し、[Edit (編集)] を選択します。

    注記

    ブローカーの作成時に設定を選択した場合を除き、最初の設定リビジョンは Amazon MQ でブローカーが作成されるときに常に自動的に作成されます。

    [MyBroker] ページに、設定で使用するブローカーエンジンタイプおよびバージョン (例: Apache ActiveMQ 5.15.8) が表示されます。

  4. [Revision history (リビジョン履歴)] を選択します。

  5. 設定の [リビジョン] 番号、[Revision date (リビジョン日)]、および [説明] がリビジョンごとに表示されます。

  6. リビジョンを選択し、[詳細を表示] を選択します。

    ブローカー設定が XML 形式で表示されます。

現在の設定のリビジョンを編集するには

  1. Amazon MQ コンソールにサインインします。

  2. ブローカーのリストから、ブローカー (MyBroker など) を選択し、[Edit] を選択します。

  3. リポジトリの [] MyBroker] ページで、[Edit (編集)] を選択します。

  4. [Edit MyBroker] ページの [Configuration (設定)] セクションで、[Configuration (設定)] と [Revision (リビジョン)] を選択し、[Edit (編集)] を選択します。

    注記

    ブローカーの作成時に設定を選択した場合を除き、最初の設定リビジョンは Amazon MQ でブローカーが作成されるときに常に自動的に作成されます。

    [MyBroker] ページに、設定で使用するブローカーエンジンタイプおよびバージョン (例: Apache ActiveMQ 5.15.8) が表示されます。

  5. [Configuration details] タブに、設定リビジョン番号、説明、およびブローカー設定が XML 形式で表示されます。

    注記

    現在の設定を編集すると、新しい設定リビジョンが作成されます。

  6. [Edit configuration] を選択し、XML 設定を変更します。

  7. [Save] を選択します。

    [Save revision (リビジョンの保存)] ダイアログボックスが表示されます。

  8. (オプション) A description of the changes in this revision​ を入力します。

  9. [Save] を選択します。

    設定の新しいリビジョンが保存されます。

    重要

    Amazon MQ コンソールは、スキーマに従って無効および禁止されている設定パラメータを自動的にサニタイズします。許可された XML パラメータの詳細なリストについては、「Amazon MQ Broker Configuration Parameters」を参照してください。

    設定を変更しても、ブローカーに即座には変更が適用されません。変更を適用するには、次のメンテナンスウィンドウを待つか、ブローカーを再起動する必要があります。詳細については、「Amazon MQ Broker Configuration Lifecycle」を参照してください。

    現在、設定を削除することはできません。

設定のリビジョンをブローカーに適用するには

  1. Amazon MQ コンソールにサインインします。

  2. ブローカーのリストから、ブローカー (MyBroker など) を選択し、[Edit] を選択します。

  3. [Edit MyBroker] ページの [Configuration] セクションで、[Configuration] と [Revision] を選択し、次に [Schedule Modifications] を選択します。

  4. [Schedule broker modifications] セクションで、変更を次回のスケジュールされたメンテナンスウィンドウ中に適用するか、即時適用するかを選択します。

    重要

    再起動中のブローカーはオフラインになります。

  5. [Apply] を選択します。

    設定のリビジョンが指定された時刻にブローカーに適用されます。

ブローカーを前回の設定のリビジョンにロールバックするには

  1. Amazon MQ コンソールにサインインします。

  2. ブローカーのリストから、ブローカーの名前 (MyBroker など) を選択します。

  3. リポジトリの [] MyBroker ページで、[Actions (アクション)]、[Roll back to last configuration (最後の設定にロールバックする)] の順に選択します。

  4. (省略可能) [現在の設定] または [Last configuration (最後の設定)] を確認するには、[Roll back to the last configuration (最後の設定にロールバックする)] ページの [概要] セクションで、いずれかの設定の [編集] を選択します。

  5. [ブローカー変更のスケジュール] セクションで、変更を [次回のスケジュールされたメンテナンスウィンドウ中] に適用するか、[即時] 適用するかを選択します。

    重要

    再起動中のブローカーはオフラインになります。

  6. [Apply] を選択します。

    設定のリビジョンが指定された時刻にブローカーに適用されます。