Amazon MQ 子要素属性 - Amazon MQ

Amazon MQ 子要素属性

以下は、子要素属性の詳しい説明です。詳細については、Apache ActiveMQ ドキュメントの XML 設定を参照してください。

authorizationEntry

authorizationEntryauthorizationEntries 子コレクション要素の子です。

Attributes

管理|読み取り|書き込み

ユーザーのグループに付与されているアクセス許可。詳細については、「認可マップを常に設定する」を参照してください。

activemq-webconsole グループが含まれない認可マップを指定する場合、Amazon MQ ブローカーにメッセージを送信する権限、またはブローカーからメッセージを受信する権限がグループにないことから、ActiveMQ ウェブコンソールは使用できません。

デフォルト: null

サンプル設定

<authorizationPlugin> <map> <authorizationMap> <authorizationEntries> <authorizationEntry admin="admins,activemq-webconsole" read="admins,users,activemq-webconsole" write="admins,activemq-webconsole" queue=">"/> <authorizationEntry admin="admins,activemq-webconsole" read="admins,users,activemq-webconsole" write="admins,activemq-webconsole" topic=">"/> </authorizationEntries> </authorizationMap> </map> </authorizationPlugin>

networkConnector

networkConnectornetworkConnectors 子コレクション要素の子です。

Attributes

conduitSubscriptions

ブローカーのネットワークのネットワーク接続が、同じ送信先にサブスクライブしている複数のコンシューマーを 1 つのコンシューマーとして扱うかどうかを指定します。たとえば、conduitSubscriptionstrue に設定されていて、2 つのコンシューマーがブローカー B に接続して送信先から消費する場合、ブローカー B は、ブローカー A へのネットワーク接続を介してサブスクリプションを単一の論理サブスクリプションに結合するので、メッセージの単一コピーのみがブローカー A からブローカー B に転送されます。

注記

conduitSubscriptionstrue に設定すると、冗長なネットワークトラフィックを減らすことができます。ただし、この属性を使用すると、コンシューマー間でのメッセージのロードバランシングに影響が出る可能性があり、特定のシナリオ (JMS メッセージセレクタや耐久性のあるトピックなど) では正しくない動作を引き起こす可能性があります。

デフォルト: true

duplex

ブローカーのネットワーク内の接続を使用し、またメッセージを生成するかどうかを指定します。ブ たとえば、ブローカー A が非二重モードでブローカー B への接続を作成した場合、メッセージはブローカー A からブローカー B にのみ転送できます。ただし、ブローカー A がブローカー B への二重接続を作成した場合、ブローカー B は <networkConnector> を設定しなくてもメッセージをブローカー A に転送できます。

デフォルト: false

name

ブローカーのネットワークのブリッジの名前。

デフォルト: bridge

uri

ブローカーのネットワークの 2 つのブローカーのうちの 1 つ (または複数のブローカー) のワイヤレベルプロトコルエンドポイント。

デフォルト: null

username

ブローカーのネットワークのブローカーに共通のユーザー名。

デフォルト: null

設定例

注記

networkConnector を使用してブローカーのネットワークを定義するときは、ブローカーに共通のユーザーのパスワードを含めないでください。

2 つのブローカーとブローカーのネットワーク

この設定では、2 つのブローカーがブローカーのネットワークで接続されています。ネットワークコネクターの名前は connector_1_to_2、ブローカーに共通のユーザー名は myCommonUser、接続は duplex、そして OpenWire エンドポイント URI は static: というプレフィックスは、ブローカー間の 1 対 1 の接続を示します。

<networkConnectors> <networkConnector name="connector_1_to_2" userName="myCommonUser" duplex="true" uri="static:(ssl://b-1234a5b6-78cd-901e-2fgh-3i45j6k178l9-1.mq.us-east-2.amazonaws.com:61617)"/> </networkConnectors>

詳細については、「Configure Network Connectors for Your Broker」を参照してください。

複数のブローカーのあるブローカーのネットワーク

この設定では、複数のブローカーがブローカーのネットワークで接続されています。ネットワークコネクターの名前は connector_1_to_2、ブローカーに共通のユーザー名は myCommonUser、接続は duplex です。OpenWire エンドポイント URI のカンマ区切りのリストの前には masterslave: というプレフィックスが付き、ブローカー間のフェイルオーバー接続を示します。ブローカーからブローカーへのフェイルオーバーはランダム化されず、再接続の試行は無期限に続きます。

<networkConnectors> <networkConnector name="connector_1_to_2" userName="myCommonUser" duplex="true" uri="masterslave:(ssl://b-1234a5b6-78cd-901e-2fgh-3i45j6k178l9-1.mq.us-east-2.amazonaws.com:61617, ssl://b-9876l5k4-32ji-109h-8gfe-7d65c4b132a1-2.mq.us-east-2.amazonaws.com:61617)"/> </networkConnectors>
注記

ブローカーのネットワークの masterslave: プレフィックスを使用することをお勧めします。プレフィックスはより明示的な static:failover:()?randomize=false&maxReconnectAttempts=0 構文と完全に一致します。

kahaDB

kahaDBpersistenceAdapter 子コレクション要素の子です。

Attributes

concurrentStoreAndDispatchQueues

キューの同時保存とディスパッチを使用するかどうかを指定します。詳細については、「低速コンシューマーのキューに対して同時保存とディスパッチを無効にする」を参照してください。

デフォルト: true

cleanupOnStop

以下でサポート

Apache ActiveMQ 15.16.x 以上

無効にされていると、ブローカーが停止されたときにガベージコレクションおよびクリーンアップが実行されず、シャットダウンプロセスの速度が上がります。高速化は、大規模なデータベースやスケジューラデータベースの場合に有用です。

デフォルト: true

journalDiskSyncInterval

journalDiskSyncStrategy=periodic の場合にディスク同期を実行する間隔 (ミリ秒)。詳細については、Apache ActiveMQ kahaDB のドキュメントを参照してください。

デフォルト: 1000

journalDiskSyncStrategy

以下でサポート

Apache ActiveMQ 15.14.x 以上

ディスク同期ポリシーを設定します。詳細については、Apache ActiveMQ kahaDB のドキュメントを参照してください。

デフォルト: always

注記

ActiveMQ のドキュメントでは、データ損失は journalDiskSyncInterval の長さに制限されており、デフォルトは 1 秒です。厳密には言えませんが、データ損失はこの間隔よりも長くなる可能性があります。注意してください。

preallocationStrategy

新しいジャーナルファイルが必要になったときにブローカーがジャーナルファイルの事前割り当てを試みる方法を設定します。詳細については、Apache ActiveMQ kahaDB のドキュメントを参照してください。

デフォルト: sparse_file

サンプル設定

<broker xmlns="http://activemq.apache.org/schema/core"> <persistenceAdapter> <kahaDB preallocationStrategy="zeros" concurrentStoreAndDispatchQueues="false" journalDiskSyncInterval="10000" journalDiskSyncStrategy="periodic"/> </persistenceAdapter> </broker>

systemUsage

systemUsagesystemUsage 子コレクション要素の子です。プロデューサーの速度を遅くするまでにブローカーが使用する領域の最大量を制御します。詳細については、Apache ActiveMQ のドキュメントの Producer Flow Control を参照してください。

子要素

memoryUsage

memoryUsagesystemUsage 子要素の子です。メモリ使用量を管理します。本番稼働での作業セットの使用を制御できるように、memoryUsage を使用してメモリ使用量を追跡します。詳細については、Apache ActiveMQ のドキュメントの schema を参照してください。

子要素

memoryUsagememoryUsage 子要素の子です。

Attribute
percentOfJvmHeap

0 ~ 70 の整数。

デフォルト: 70

Attributes

sendFailIfNoSpace

空き領域がない場合に send() メソッドが失敗するかどうかを設定します。デフォルト値は false で、領域が空くまで send() メソッドをブロックします。詳細については、Apache Active MQ のドキュメントの schema を参照してください。

デフォルト: false

sendFailIfNoSpaceAfterTimeout

デフォルト: null

サンプル設定

<broker xmlns="http://activemq.apache.org/schema/core"> <systemUsage> <systemUsage sendFailIfNoSpace="true" sendFailIfNoSpaceAfterTimeout="2000"> <memoryUsage> <memoryUsage percentOfJvmHeap="60" /> </memoryUsage>> </systemUsage> </systemUsage> </broker> </persistenceAdapter>